後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい

千葉弁護士による交通事故の無料相談

  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 問合せからの流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • ご相談の流れ
  • LINEで相談受付中

高次脳機能障害の案件を裁判で解決するメリットは何ですか。

弁護士からの回答

3I4A0602.jpgのサムネール画像
賠償額が裁判所が認定する額になりますので,額が増える可能性があります。(他方,等級自体が争われて額が減る可能性もあります。)

高次脳機能障害の事案の解決方法

高次脳機能障害の事案を最終的に解決する方法としては,一般的には,示談交渉,紛争処理センターへの申立,裁判提起の3種類があります。そして,裁判の場合,最終的には裁判官が強制的に判断を下すという最終的な手続きです。


高次脳機能障害で裁判をした場合にかかる時間について

高次脳機能障害の事案は複雑な事案であることが多いので,裁判提起から解決までに1~2年の時間がかかることが多いです。裁判の途中で裁判官が和解案を示しますので,和解により裁判が解決する場合には1年よりも早く解決するときもあります。しかしながら,判決という場合には1~2年の時間はかかると思っておいた方がよいでしょう。


裁判資料について

裁判の場合,過去の病院のカルテ全てを元にした検討がなされることが多いです。また,事故状況についても事案によりますが刑事記録全てを元にした検討がなされることが多いです。そのため,全ての資料を元にした詳細な判断がなされることになります。保険会社から医師の意見書が提出されたりすることもありますし,被害者側から主治医の先生に意見を依頼することもあります。


賠償金額について

裁判の判決の場合,賠償金額は裁判基準と呼ばれる一番高額の基準での解決となることが多いです。また,事故日から年5%の遅延損害金がついたり,約10%前後の弁護士費用相当額が損害として認められることもあります。他方,後遺障害等級自体が争われた結果,当初の等級よりも低い等級が認定されてしまい大幅に賠償額が減ってしまうこともあります。


裁判をするかどうかの判断は慎重な考慮が必要です!

裁判をするかどうかの判断は,過去の資料を元にした慎重な判断が必要です。賠償額が増える可能性もありますが,他方,賠償額が大幅に減る可能性もあるからです。特に,高次脳機能障害は,等級認定が総合評価であるために,裁判で別の認定がされる可能性が特に高い傷病名です。裁判をするかどうかの判断は慎重にしましょう。

その他

・裁判は1ヶ月~2ヶ月に1回ずつ行われていきます。

・地方裁判所での判決に対して,保険会社側が不服申立(控訴)をする確率は低いですが,控訴をする可能性もあります。その場合,高等裁判所,最高裁判所での審理となる可能性もあります。

・高次脳機能障害の裁判は専門性の高い裁判ですので必ず取扱い実績が多い法律事務所に相談しましょう。弁護士の能力により結果が変わりやすい類型の裁判です。


高次脳機能障害に関するよくあるQ&Aです。ぜひご覧ください。

No よくあるご質問
1 自賠責保険における高次脳機能障害審査の対象となる事案にはどのような事案がありますか。
2 高次脳機能障害の具体的な症状にはどのような症状がありますか。
3 高次脳機能障害の治療に健康保険を利用した方がよいですか?
4 過失割合について納得がいかないのですがどうすればよいですか。
5 加害者の態度に納得できないのですがどうすればよいですか?
6 保険会社の態度に納得がいかないのですがどうすればよいですか?
7 警察の対応に納得がいかないのですがどうすればよいですか?
8 病院選びはどのようにしたらよいですか。
9 後遺障害等級認定に納得できないのですがどうすればよいですか。
10 特にもめていないのですが弁護士に相談した方がよいですか。
11 治療中に弁護士に相談した方がよい理由は何ですか?
12 弁護士選びはどうすればよいですか。
13 市などによる障害福祉サービスにはどのようなものがありますか。
14 高次脳機能障害の等級が裁判で変わることはありますか。
15 高次脳機能障害で将来介護費の請求は認められますか。
16 高次脳機能障害で将来介護費の金額はいくら認められますか。
17 高次脳機能障害の場合自宅改造費は損害として認められますか。
18 高次脳機能障害の場合成年後見申立が必要ですか。
19 成年後見人に関してかかった費用は損害として認められますか。
20 高次脳機能障害で車イスが必要となった場合に車イス分の請求は認められますか。
21 高次脳機能障害で入院中の雑費は損害として認められますか。
22 高次脳機能障害で入院中の入院個室代は損害として認められますか。
23 自動車改造費は損害として認められますか。
24 高次脳機能障害の症状に気付くにはどのようにすればよいですか。
25 高次脳機能障害の就労支援機関にはどのようなものがありますか。
26 高次脳機能障害者の家族を支援する制度にはどのようなものがありますか。
27 仕事を再度始めたいと考えていますがどのように始めればよいですか。
28 社会復帰のために誰に相談すればよいでしょうか。
29 労災と自賠責で後遺障害等級が異なることはありますか。
30 高次脳機能障害の場合紛争処理センターを利用するメリットは何ですか。
31 高次脳機能障害の案件を裁判で解決するメリットは何ですか。


相談料・着手金0円、完全成功報酬制

無料相談実施中

メールでのご相談はこちら

・上記はご予約専用ダイヤルです。お電話のみでのご相談は受付しておりません。

表 よつば様.png

交通事故バナー.JPG

 

無料メールマガジン




事務所概要

メールでの問合せはこちら


▼弁護士の活動の様子等
fb.png ツイッター グーグルプラス

 

▼交通事故以外の弁護士へのご相談は下記サイトをご覧ください

企業法律専門サイト   ImgLS3.jpg ImgLS9-thumb-240x240-31.jpg



柏事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏1-5-10
水戸屋壱番館ビル4階
受付時間:午前9:00~午後22:00

当サイトはリンクフリーです。リンクはお好きなページにご自由にお張りください。事前連絡は不要です(弁護士法人よつば総合法律事務所)。







Copyright © 2012 All Rights Reserved.