後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい

千葉弁護士による交通事故の無料相談

  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 問合せからの流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • ご相談の流れ
  • LINEで相談受付中

過失割合について納得がいかないのですがどうすればよいですか。

弁護士からの回答

3I4A3628.jpgのサムネール画像
事故直後から事実関係や保険の加入状況を正確に把握して対策を立てることが大切です。

事故直後の動きが大切

頭部の外傷で入院する交通事故の被害にあったような場合,加害者側の保険会社から「過失割合は8対2です」などと言われることがあります。交通事故の被害にあったにもかかわらず過失が被害者にあるなどというのは信じられない気持ちになるかと思いますが,事故直後から慎重に行動をする必要があります。


過失相殺についての一般的見解

過失相殺については,典型的な事故状況をまとめた「別冊判例タイムズ・民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準(全訂5版)」(判例タイムズ社)という書籍があります。専門化の間では「判タ(はんた)」と略されることもある書籍です。


高次脳機能障害の場合の問題点

高次脳機能障害になるような事故の場合,被害者の方は事故直後救急車やドクターヘリで病院へ搬送されていることが多いです。また,頭部外傷により事故前後の記憶を喪失してしまうことも多いです。そのため,事故状況を被害者ご本人が明確に覚えていないことがあるという問題点があります。


目撃者の有無を確認する

交通事故の場合,第三者である目撃者の証言が非常に重要です。加害者は自分に有利なように嘘をつく可能性がありますが,第三者の目撃者があえて嘘をつくとは考えがたいからです。そのため,目撃者がいるかどうかを警察等に聞いて確認してみてください。その目撃者がどのようなことを言っているかということが過失割合に重要な影響を及ぼしてきます。また,目撃者がいなくても監視カメラなどに事故状況が写っていることもあります。


目撃者がいない場合

高次脳機能障害の事故で過失割合を決めるにあたり,特に問題があるのが目撃者がいない場合です。目撃者がいない場合,加害者の供述のみによって事故状況が決められてしまう可能性があります。


事故状況の調査

事故状況を早期に把握するためには,事故状況の鑑定を専門家に依頼するという方法があります。車両についた傷の状況,現場の客観的な状況等からある程度事故状況を推測することが可能となります。車両の傷の状況については写真撮影をしておくことが必要不可欠です。また,事故から時間が経過すると車両自体が処分されてしまったり,車両の傷の状況が変わってくることもありますので,鑑定をする場合には事故直後から準備をしていくことが重要です。


警察に正しく事実を伝えましょう

高次脳機能障害の場合,事故直後は治療優先で,警察の事情聴取はないかもしれません。ある程度回復してきた場合には,警察の事情聴取や現地での立会(実況見分)を求められることがあります。警察が一度作成した書類の内容を覆すことは極めて困難ですので,被害者の皆様は警察に正しく事実関係を伝えるようにしましょう。


人身傷害保険について

過失割合について納得がいかない場合であったとしても,被害者が加入している自動車保険に人身傷害保険がある場合,過失分全額が被害者の人身傷害保険から出ることがあります。(ただし,人身傷害保険で過失分全額が支払あるかどうかは慎重な検討を要する問題ですので専門家に相談した方がよいでしょう。)

例 総損害額1億円の場合

・過失がない場合 加害者の保険会社から1億円支払

・過失20%の場合 加害者の保険会社から8000万円支払。被害者が加入する人身傷害保険から2000万円支払(必ず2000万円が支払されるわけではありませんので加入保険会社に確認しましょう)


高次脳機能障害に関するよくあるQ&Aです。ぜひご覧ください。

No よくあるご質問
1 自賠責保険における高次脳機能障害審査の対象となる事案にはどのような事案がありますか。
2 高次脳機能障害の具体的な症状にはどのような症状がありますか。
3 高次脳機能障害の治療に健康保険を利用した方がよいですか?
4 過失割合について納得がいかないのですがどうすればよいですか。
5 加害者の態度に納得できないのですがどうすればよいですか?
6 保険会社の態度に納得がいかないのですがどうすればよいですか?
7 警察の対応に納得がいかないのですがどうすればよいですか?
8 病院選びはどのようにしたらよいですか。
9 後遺障害等級認定に納得できないのですがどうすればよいですか。
10 特にもめていないのですが弁護士に相談した方がよいですか。
11 治療中に弁護士に相談した方がよい理由は何ですか?
12 弁護士選びはどうすればよいですか。
13 市などによる障害福祉サービスにはどのようなものがありますか。
14 高次脳機能障害の等級が裁判で変わることはありますか。
15 高次脳機能障害で将来介護費の請求は認められますか。
16 高次脳機能障害で将来介護費の金額はいくら認められますか。
17 高次脳機能障害の場合自宅改造費は損害として認められますか。
18 高次脳機能障害の場合成年後見申立が必要ですか。
19 成年後見人に関してかかった費用は損害として認められますか。
20 高次脳機能障害で車イスが必要となった場合に車イス分の請求は認められますか。
21 高次脳機能障害で入院中の雑費は損害として認められますか。
22 高次脳機能障害で入院中の入院個室代は損害として認められますか。
23 自動車改造費は損害として認められますか。
24 高次脳機能障害の症状に気付くにはどのようにすればよいですか。
25 高次脳機能障害の就労支援機関にはどのようなものがありますか。
26 高次脳機能障害者の家族を支援する制度にはどのようなものがありますか。
27 仕事を再度始めたいと考えていますがどのように始めればよいですか。
28 社会復帰のために誰に相談すればよいでしょうか。
29 労災と自賠責で後遺障害等級が異なることはありますか。
30 高次脳機能障害の場合紛争処理センターを利用するメリットは何ですか。
31 高次脳機能障害の案件を裁判で解決するメリットは何ですか。


相談料・着手金0円、完全成功報酬制

無料相談実施中

メールでのご相談はこちら

・上記はご予約専用ダイヤルです。お電話のみでのご相談は受付しておりません。

柏事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏1-5-10
水戸屋壱番館ビル4階
受付時間:午前9:00~午後22:00

当サイトはリンクフリーです。リンクはお好きなページにご自由にお張りください。事前連絡は不要です(弁護士法人よつば総合法律事務所)。







Copyright © 2012 All Rights Reserved.