HOME > 交通事故その他 > 私の妻が運転する自動車に同乗しているときに,妻が自損事故を起こし,私が怪我をしてしまいました。賠償はどうなりますか? また,自賠責(契約者は妻です。)はどうなりますか?

私の妻が運転する自動車に同乗しているときに,妻が自損事故を起こし,私が怪我をしてしまいました。賠償はどうなりますか? また,自賠責(契約者は妻です。)はどうなりますか?

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

私の妻が運転する自動車に同乗しているときに,妻が自損事故を起こし,私が怪我をしてしまいました。賠償はどうなりますか? また,自賠責(契約者は妻です。)はどうなりますか?

この場合,妻が契約している任意保険から,人身傷害補償保険や搭乗者傷害保険,自損事故保険などの保険金が支払われる可能性があります。自賠責についても,保険金支払を受けることができます。




 自損事故 : 同乗者の賠償(夫婦) 



◆任意保険から支払われる保険



車を運転しているときに,事故を起こして同乗者がケガをしてしまうケースがあります。

相手のある交通事故の場合,加害者から賠償金の支払いを受けることができますが,自損事故の場合には,そのようなことは不可能です。

同乗者は運転者に対して損害賠償請求権を有することになりますが,同乗者と運転者が夫婦だと,対人賠償責任保険は使えないのが普通です。

ですから,賠償を任意保険会社から受けるのは困難です。




ただ,の場合には,運転者や自動車が加入している任意保険の適用があります。
適用される可能性がある保険は,人身傷害補償保険と搭乗者保険,自損事故保険などです。


【人身傷害補償保険】
人身傷害補償保険とは,保険加入者や同乗者が事故でケガをしたときに,補償を受けることができる保険です。
この場合の「事故」については,相手のあるなしを問われることがありません。

そこで,本件のように,妻が運転していた場合に自損事故を起こしたケースでも,人身傷害補償保険に加入していたら,その支払いを受けることができます。




【搭乗者傷害保険】
搭乗者傷害保険も,人身傷害補償保険と同様に,保険加入者や同乗者が事故でけがをしたときに,保険金が支払われる保険です。同乗していた人すべてに適用される保険なので,自損事故のケースでも適用されます。




【自損事故保険】
自損事故保険は,運転者が自分の責任で発生させた交通事故により,人を死傷させた場合に適用される保険です。
自損事故で,同乗者がケガをしたときにも,自損事故保険の適用があります。

ただし,自損事故保険は,自賠責保険から支払を受けられない場合にのみ支払われます。




【人身傷害補償保険,搭乗者傷害保険,自損事故保険の関係】
人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険,自損事故保険のうち,複数に加入している場合には,それぞれの関係も問題となります。

多くのケースでは,人身傷害補償保険と自損事故保険の両方に加入している場合には,人身傷害補償保険しか適用されません。この2つの保険は,重複するところが大きいためです。

これに対し,搭乗者傷害保険の場合は,人身傷害補償保険または自損事故保険とは別に支払を受けることが可能です。





◆自賠責保険




一方,対人賠償責任保険とは異なり,けがをした同乗者が配偶者でも,自賠責保険からも支払いを受けることができます。

自賠責保険は,加害者本人には適用されませんが,同乗者には適用されるわけです。

ただし,車が夫婦の共有になっていて,同乗者も共に「運行供用者」と言える特殊な事情がある場合には,自賠責保険の適用がない可能性もあります。

以上のように,自動車保険の適用関係は,決して単純ではありません。
よくわからない場合には,交通事故に強い弁護士に相談してみて下さい。




▼参考記事
・後遺症と保険について
・よつば総合法律事務所の交通事故解決事例
・ひとりひとりに合った適切な解決方法をご提案




(弁護士法人よつば総合法律事務所 弁護士 佐藤寿康)
プロフィール
弁護士法人よつば総合法律事務所
地域最大級の弁護士14名が所属しております。事務所名の「よつば」は事務所に関わる人が皆幸せになるようにとの思いから名付けました。お気軽にご相談ください。
柏事務所:千葉県柏市(柏駅徒歩3分)
千葉事務所:千葉市(千葉駅徒歩3分)

<< 2017年 12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事