後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい

千葉弁護士による交通事故の無料相談

  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 問合せからの流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • ご相談の流れ
  • LINEで相談受付中

【交通事故における頭部外傷】その1 頭部の構造

 交通事故により頭部外傷を負ったケースでは、高次脳機能障害という重い後遺障害が残ることがあります。 後遺障害についてお書きする前提として、頭部、脳の構造や役割についてお書きします。

1016-1.png冠状断のイラスト
 

1) 頭蓋骨


 頭蓋骨は、脳を保護する脳頭蓋と、顔面を形成する顔面頭蓋から構成されています。
 頭部は、脳が頭蓋骨という固い容器に収納されている構造となっています。
 頭蓋骨よりも外側を頭蓋外といい、頭部軟部組織が覆っています。 頭蓋骨よりも内側を頭蓋内といい、脳が髄膜に包まれた状態で存在します。
 脳に対して影響を及ぼす頭蓋内の損傷の有無が、頭部外傷では問題となります。

2) 髄膜

 頭蓋骨の下には、脳を包んでいる髄膜という膜があります。 髄膜は外側から順に、硬膜、クモ膜、軟膜の3層構造となっています。
151016-2.png

①硬膜
  硬膜は、頭蓋骨の内面に張りついているラバー状の非常に厚く強靭な膜です。脳と脊髄を周囲の組織から隔て、外傷や感染から守るという役割を担っています。
 硬膜は、頭蓋骨の骨膜と癒着しつつ、頭頂部で大脳鎌と呼ばれる左右の大脳の間にくびれ込んでいます。
 また、大脳と小脳の間には小脳を包む小脳テントという構造を作っています。

②クモ膜  

 クモ膜は、硬膜と軟膜の間にある透明な膜、薄く弱い膜で、ピンセットでつまむと破れます。
 クモ膜と硬膜は密着していますが、クモ膜と軟膜との間にはクモ膜下腔という繊維性のネットがあり、脳脊髄液で満たされています。
 このスペースに出血が起こるのがクモ膜下出血です。

③軟膜
 軟膜は、脳及び脊髄の神経組織と癒着している透明な膜です。
 脳の表面そのものです。したがいまして、はがすことはできません。

④脳脊髄液
 脳と脊髄は脳脊髄液という液体の中に浮かんでおり、クモ膜の内側を無色透明の脳脊髄液が満たしています。脳脊髄液は、外からの衝撃を吸収したり、脳、脊髄及び神経に栄養を供給して老廃物を除去したり、脳の形を保ったりするなどの役割を果たしています。

151016-3.png

151016-4.png
 

3) 脳

 脳は、成人で1.2キログラムから1.6キログラムの質量があります。
 大脳、小脳、間脳、脳幹の4つの部分で構成されています。
 間脳は、視床と視床下部とに分けられます。脳幹は、さらに中脳・橋・延髄に分かれます。

 大脳は、前頭葉、側頭葉、頭頂葉、後頭葉に分けられ、それぞれ異なる機能を有しています。


部位 役割
前頭葉 行動の開始、問題解決、判断、行動の抑制、計画、自己の客観化、情緒、注意・組織化、言語表出
側頭葉 記憶、聴覚、嗅覚、言語理解
頭頂葉 触覚、空間認知、視覚認知
後頭葉 視覚
脳幹 呼吸、心拍、意識・覚醒、睡眠
小脳 バランス、運動調節、姿勢

 

151016-5.png



 

交通事故で怪我をした場合いつ弁護士に相談すべきか?
(非常に大切なことですので必ずお読み下さい。)

 

表 よつば様.png

交通事故バナー.JPG

 

無料メールマガジン




事務所概要

メールでの問合せはこちら


▼弁護士の活動の様子等
fb.png ツイッター グーグルプラス

 

▼交通事故以外の弁護士へのご相談は下記サイトをご覧ください

企業法律専門サイト   ImgLS3.jpg ImgLS9-thumb-240x240-31.jpg



柏事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏1-5-10
水戸屋壱番館ビル4階
受付時間:午前9:00~午後22:00

当サイトはリンクフリーです。リンクはお好きなページにご自由にお張りください。事前連絡は不要です(弁護士法人よつば総合法律事務所)。







Copyright © 2012 All Rights Reserved.