後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい

千葉弁護士による交通事故の無料相談

  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 問合せからの流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • ご相談の流れ
  • LINEで相談受付中

交通事故と治療Q&A.gif

質問 3:交通事故による怪我が治らない場合はどうしたらよいですか。 

答え 治療をしても症状が改善しない状態(症状固定)になった場合は,後遺障害等級認定の申請を検討しましょう。 

line.gif


事故後の流れ
 
交通事故と治療Q&A_3.jpg 一般的に,交通事故にあってしまった場合には,事故直後に警察へ事故の届け出をして,しばらくは怪我を治すために治療を継続します。

 その後,治療をしても怪我が治らず,症状がほとんど改善しない状態となった場合(このような状態を「症状固定」といいます。),その固定して残ってしまった症状が,自動車損害賠償保障法施行令に定められている後遺障害等級に該当するかどうかを審査してもらいます。

 そして,後遺障害等級認定の結果が出た後に,当該後遺障害等級を前提として,相手方が加入している保険会社と損害賠償金額について交渉をすることになります。

 なお,幸い怪我が重傷ではなく後遺障害が残っていない場合には,後遺障害等級認定の申請をせず,治療終了後すぐに相手方保険会社と損害賠償金額について交渉を始めることもあります。



症状固定とは

 
 一般的に,治療を継続しても症状が改善しない状態を,症状固定といいます。
 症状固定の時期は,診察をしてもらっている主治医が判断します。
 
 相手方保険会社から「症状固定ですよ。」と説明されることがあるので勘違いされる方がいらっしゃいますが,症状固定かどうかを判断するのは,保険会社ではなく医師になります。

 交通事故の損害賠償では,症状固定時期までの治療費や休業損害等の損害を請求することになるため,症状固定時期がどの時点であるかはとても大事なポイントになりますので,詳しくは弁護士に相談して確認しましょう。



症状固定した後も治療継続できます


 よく相談される方の中で,「症状固定の時期を迎えると治療を終了しなければならない」と勘違いされている方がいらっしゃいますが,症状固定と治療終了はイコールではありません。

 症状固定となると,相手方保険会社は治療費を支払ってくれなくなりますが,自分で治療費を支払うことにより治療を継続することは可能です。
 症状固定後に治療を継続する場合には,健康保険を利用する等,負担額を少なくして通院を継続した方がよいでしょう。


後遺障害等級認定の申請とは


 交通事故による怪我が治らない場合には,残ってしまった後遺症について後遺障害等級が認定されるかどうかを審査してもらいます。

 その後遺障害等級認定の申請方法としては,「被害者請求」といって被害者側から申請する方法と,「事前認定」といって相手方が加入する保険会社に申請を任せる方法の2通りがあります。
 
 交通事故にあった場合には,“できるだけ早い時期”に交通事故の事案を豊富に取り扱っている弁護士に相談をした方が良いのですが,遅くとも,怪我が治らず症状固定となったタイミングで弁護士に相談されることをお勧めします。
 
 後遺障害等級認定の申請をするべきか,申請をせずに損害賠償の話を進めるべきか,後遺障害等級認定の申請をするとしてどのように申請するべきかなど,方針のアドバイスを弁護士にもらってから手続きを進めるのが良いと思います。



交通事故と治療Q&A へ戻るimage.png

柏事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏1-5-10
水戸屋壱番館ビル4階
受付時間:午前9:00~午後22:00

当サイトはリンクフリーです。リンクはお好きなページにご自由にお張りください。事前連絡は不要です(弁護士法人よつば総合法律事務所)。







Copyright © 2012 All Rights Reserved.