後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい

千葉弁護士による交通事故の無料相談

  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 問合せからの流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • ご相談の流れ
  • LINEで相談受付中

77. 死亡事故に場合における生活費控除率(弁護士 小林義和)


0038s.jpg
 こんにちは、小林です。
今回は、死亡事故に場合における生活費控除率という点について考えてみたいと思います。

 生活費控除率は、死亡事故における逸失利益(事故がなかったら将来得られるであろう利益についての損害)を計算する際に問題となってくる概念です。
 死亡事故の場合は、事故により死亡したことで、得られたであろう収入が得られなくなる一方で、生存していた場合にかかったであろう生活費等の支出が不要になるという側面もあります。
 そのため、支出が不要になった部分を生活費として、逸失利益から差し引いて計算をしようとするものです。
 この生活費控除率について、日弁連交通事故相談センター東京支部が出している民事交通事故訴訟・損害賠償額算定基準という本(いわゆる赤本)によると、具体的に以下のように場合分けして記載されています。
 まず、死亡された方が一家の支柱である場合の生活費控除率は,被扶養者が一人の場合は40%、被扶養者が2人以上の場合は30%とされています。
 これは,生活費控除率を考える際には,基本的に被害者個人の生活費を基準に考えるのですが,扶養者がいる場合は,それだけ自己の生活費を抑制すると考えられることから,被扶養者が多いほど生活費控除率を減少させる形となっています。
 そして,女性(主婦、独身、幼児当を含む)の場合は30%,男性(独身、幼児等を含む)は、50%,年金部分については50%と通常よりも高くされています。
 赤本では,男女で差を設けていますが,今後は性別で差を設けるということも変化してくる可能性があります。
 赤本ではこのように規定されており,この基準自体は一般的に適用されるものです。
 しかし,一方でこの基準はあくまで目安であり,具体的な事情によっては異なる割合となります。
 例えば,裁判例でも,農業に従事している66歳の女性につき,農業者年金,国民年金の収入は生活費にあてられるものと推認して農業収入のみを収入として,その生活費控除率を通常の30%よりも低い25%と認定した判例もあります。
 また女性と交際していた25歳の男性について,子をもうけるかどうかは不確定ですが,遅くとも30歳までには婚姻するものとして生活費控除率を30歳まで50%,それ以降は40%と通常の独身男性よりも低い割合を認定した判例もあります。
 私どもも,赤本の基準を出発点としましますが,その方の状況に応じて変わってくることも踏まえて,なるべく具体的に事情をお聞きさせて頂き,御意向になるべく添える形で提案していくことを心がけております。


よつばの交通事故への「想い」と「こだわり」  ~「慰謝料について」編

■082  弁護士費用特約制度利用の現状(弁護士 加藤貴紀)
■081  交通事故における弁護士の役割(弁護士 加藤貴紀)
■078  死亡事故における慰謝料(弁護士 小林義和)
■077  死亡事故に場合における生活費控除率(弁護士 小林義和)
■066  後遺症(14級9号・12級13号)における逸失利益(小林義和)
■065  将来介護費について(弁護士 小林義和)
■043  休業損害・逸失利益について(弁護士 小林 義和)
■041  賠償の大きな要素 慰謝料について(弁護士 小林 義和)
■039  慰謝料について増額される場合 (弁護士 小林 義和)
■029  事故後すぐに生活の保障が必要な場合(弁護士 粟津正博)
■028  主婦としての休業損害(弁護士 粟津正博)
■027  慰謝料増額(弁護士 粟津正博)



よつばの交通事故への「思い」と「こだわり」topへ



⇒ご相談の前に必ずこちらをクリックしてください。

無料相談実施中

メールでのご相談はこちら

注意事項.png
  「交通事故で適正な賠償を受けるには」交通事故問題解決のための無料小冊子進呈中!

柏事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏1-5-10
水戸屋壱番館ビル4階
受付時間:午前9:00~午後22:00

当サイトはリンクフリーです。リンクはお好きなページにご自由にお張りください。事前連絡は不要です(弁護士法人よつば総合法律事務所)。







Copyright © 2012 All Rights Reserved.