後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい

千葉弁護士による交通事故の無料相談

  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 問合せからの流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • ご相談の流れ
  • LINEで相談受付中

後遺症申請で見落としがちな点と漏れのない対応を心がける (弁護士 小林 義和)


0012s.jpg  こんにちは、小林です。

 今回は、後遺症申請で見落としがちな点を述べていきたいと思います。
 
 後遺症申請については、事故後から通院をされていた方が、これ以上治療を続けても大幅な改善が見込めず今後も大きな回復・憎悪が見込めなくなったという症状固定の段階に入った際に行います
 症状固定時点で、症状が残っていた場合は、後遺症が残っているとして医師の方に後遺症診断書という書面を書いて頂き、加害者の自賠責保険会社に後遺症等についての賠償金を支払うように申請します(被害者請求)。
 加害者の自賠責保険会社は、損害保険料率算出機構にMRI等の画像を含む資料等を送付して、同機構が事故態様や当事者、病院等に調査や照会をかけて後遺症が認定できるかどうか、認定できる場合はその等級についての調査結果を加害者の自賠責保険会社に報告します。
 それを受けて、加害者側の自賠責保険会社が後遺症の等級認定をして、後遺症を認定する場合には決められた賠償額を被害者へ支払うこととなります。
 
 このように基本的には、被害者からの申請書類に基づき調査され、認定判断が下されることになるため、被害者からの申請書類、とりわけ、医師の方に書いて頂く後遺症診断書にどのような記載がなされているのか、MRI等の画像をきちんと撮っているかという点は大事です。
  
 例えば、下肢短縮があげられます。交通事故の受傷により片方の足が短くなり、バランスが悪くなったり歩行に影響が出たりします。その場合は、足底板(インソール)を使用したりするのですが、後遺症では1下肢を1センチメートル以上短縮したものは後遺症として13級8号が認定されます。
 私が経験した件でも、被害者の方に同行して病院にいき、医師に画像を正確に測ってもらい、13級8号が認定されました。
  
 また、靭帯損傷に伴う可動域制限や痛み・しびれについても見落とされることもあります。症状固定が近くなってもいまだに、足のしびれや痛みが強く、また、関節がぐらぐらするということで、靭帯損傷の可能性があると考え、医師に伝えてMRI画像をとっていただきました。すると、靭帯損傷や半月板損傷もあったことがわかり、その原因がわかったということもありました。その件では、局部に頑固な神経症状を残すものとして後遺症12級13号が認定されました。
 その他、よく申請を漏らしてしまうのが醜状痕です。
 被害者の方は痛みやしびれや可動域制限については、申請されるのですが、事故により残った傷跡については後遺症がおりると思わずに、後遺症診断書に記載していただかないことも多いです。しかし、上肢や下肢の露出面にてのひらの大きさの酷いあとを残すものと認定されると14級4号または5号の後遺症が認定されます。事故当時よりは目立たなくなったとしても、傷跡が残っている場合には認定されることがあります。
 後遺症認定の調査は通常は書面で行われるのですが、醜状痕は面接により判断されることが多く、後遺症診断書にその旨を記載してもらう必要があります。
 私はいつも、傷跡が残っていないか被害者の方に聞くようにしており、漏れがないように気を付けています。




よつばの交通事故への「想い」と「こだわり」  ~「後遺障害認定に関して」編

■080  医師との関わり方(書類作成) 症状を的確に伝える(弁護士 小林義和)
■079  医師との関わり方 治療面と賠償面(弁護士 小林義和)
■075  後遺障害等級認定の異議申立て(弁護士 今村公治)
■062  後遺障害申請の準備はとっても大切!!(弁護士 松村茉里)
■060  「臭いが分からなくなった!?」~頭部外傷と嗅覚障害(弁護士 前田徹)
■059  診断書の記載 ~症状は一緒でも後遺障害が異なる?!(弁護士 前田徹)
■058  後遺障害の申請を弁護士に依頼することのメリットとは?(弁護士 三井伸容)
■057  後遺障害認定結果と不服の申立て談 (弁護士 三井伸容)
■055  後遺障害の基準に達しない (弁護士 佐藤寿康)
■054  後遺障害等級結果検討にあたって確認すべきこと (弁護士 粟津正博)
■053  後遺障害認定から逆算して治療中からフォローが大事(弁護士 粟津正博)
■052  膨大な過去事例を共有し,適格な申請サポートへ(弁護士 今村公治)
■045  複数弁護士で関与し自賠責の等級を裁判で覆しました!(弁護士 大澤一郎)
■040  後遺症申請で見落としがちな点と漏れのない対応を心がけ(弁護士 小林義和)
■035  後遺障害認定サポートとは何をしているのか(弁護士 大澤一郎)
■024  きめ細やかな配慮とサポートで上位等級の獲得を実現!(弁護士 松村茉里)
■015  重度の後遺障害と示談交渉について(弁護士 三井伸容)



よつばの交通事故への「思い」と「こだわり」topへ



⇒ご相談の前に必ずこちらをクリックしてください。

無料相談実施中

メールでのご相談はこちら

注意事項.png
  「交通事故で適正な賠償を受けるには」交通事故問題解決のための無料小冊子進呈中!

柏事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏1-5-10
水戸屋壱番館ビル4階
受付時間:午前9:00~午後22:00

当サイトはリンクフリーです。リンクはお好きなページにご自由にお張りください。事前連絡は不要です(弁護士法人よつば総合法律事務所)。







Copyright © 2012 All Rights Reserved.