後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい

千葉弁護士による交通事故の無料相談

  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 問合せからの流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • ご相談の流れ
  • LINEで相談受付中

  • HOME
  • 交通事故と物損Q&A
  • 私がカスタマイズした愛車がぶつけられてしまいました。カスタマイズにかかった費用も損害として請求できますか?(その2)
busson-qa-list.gif

質問 Q13:私がカスタマイズした愛車がぶつけられてしまいました。カスタマイズにかかった費用も損害として請求できますか?(その2)
line.gif

改造車の時価額の評価方法は?
 
交通事故と物損Q&A_13.png
通常の車両であれば,「同一の車種,年式,型,同程度の使用状態,走行距離等の自動車を中古車市場において取得するに要する価格」によって時価が定められます。実務においては,レッドブックやインターネットの中古車サイトを参考に車両時価を算出します。
しかし,改造車の場合,そもそも同じ車両が存在しないことが多いため,市場価格をもとに時価を算定することができません。
そのため,改造車の場合は,改造の程度や内容に応じて,車両の減価状態を考慮し,課税または企業会計上の減価償却における定率法または定額法によって時価を算出することになります。
 
 

カスタムカーが交通事故に遭ったら?

カスタムカーが追突されるなどして交通事故の被害に遭った場合,当該車両のカスタム部分も損傷し,再度カスタマイズを施さなければいけないといった事態も発生します。また,今までお金をかけてカスタマイズしてきたことが無駄になってしまう場合もあります。そのような場合,再度のカスタマイズにかかる費用や今までカスタマイズにかけてきた費用は損害として認められるのでしょうか。
通常の車両であったら,そういった余計な費用もかからないことから,カスタムカーの修理費については裁判においても争われる場合が多いです。

交通事故における損害とは?

交通事故の物損の場合,基本的には,「車両の修理費=損害」として考えますが,車両の修理費が事故当時の車両時価額を上回る場合,原則として時価額(+買い替え諸費用)の限度までしか損害が認められないことが多いです。
カスタムカーの場合,①時価額を算定するにあたって,カスタマイズした部分を考慮すべきか,②修理の際,改造の影響から修理費が高額になり,その修理費全額が損害として認められるのか問題となります。
また,超レアケースだと思われますが,あまりに高額なカスタマイズが施されていた場合,一般人からみて通常そのようなカスタマイズが車両に施されている(=ぶつかった場合に修理費が予想もつかないほど高額になる)とは予見できないことから,そもそも損害として認められるのかも問題となります。
 
 
では,次の設問において,改造車の時価額の評価方法や,改造車の修理費が問題になった実際の裁判例などを見ていきましょう。
 
 

交通事故と物損Q&A へ戻るimage.png

表 よつば様.png

交通事故バナー.JPG

 

無料メールマガジン




事務所概要

メールでの問合せはこちら


▼弁護士の活動の様子等
fb.png ツイッター グーグルプラス

 

▼交通事故以外の弁護士へのご相談は下記サイトをご覧ください

企業法律専門サイト   ImgLS3.jpg ImgLS9-thumb-240x240-31.jpg



柏事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏1-5-10
水戸屋壱番館ビル4階
受付時間:午前9:00~午後22:00

当サイトはリンクフリーです。リンクはお好きなページにご自由にお張りください。事前連絡は不要です(弁護士法人よつば総合法律事務所)。







Copyright © 2012 All Rights Reserved.