後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい

千葉弁護士による交通事故の無料相談

  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 問合せからの流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • ご相談の流れ
  • LINEで相談受付中

  • HOME
  • 交通事故と物損Q&A
  • 事故車に乗りたくないのですが,新車を買って欲しいと要求できるのでしょうか。
busson-qa-list.gif

質問 1:交通事故で車をぶつけられて車に傷がつきました。事故車には乗りたくないのですが,新車を買って欲しいと要求できるのでしょうか。 

答え 原則として新車を買ってもらうことはできません。 

line.gif


事故で車に傷がついたら・・・
 
bq1.jpg 交通事故で愛車に傷がついたら誰だってショックですよね。自分でぶつけたならまだしも,人にぶつけられたとなるとショックも人一倍です。私もそうです。 そのような場合,「修理じゃなくて新車を買ってよこせ!」と言えるのでしょうか。
 事故車は縁起が悪いとか,修理してもちゃんと元の状態に戻るか不安,といった理由から,新車に替えて欲しいとのご要望を出される相談者の方もいます。


原則は修理費の補償のみ


 傷ついた車を元に戻す手段として,修理が可能であれば,修理費の補償が原則となります。


では,修理ができない場合ってどんな場合をいうの?


 では,修理が不可能な場合とは,どのような場合をいうのでしょうか。
 裁判例等では,①物理的全損の場合,②経済的全損の場合,③社会通念上買い替えが相当な場合,の3つの場合は修理が不可能であるとされています。 それでは,どのような場合が上記3つに当たるのか,詳しく見ていきましょう。

①物理的全損の場合
これは,傍から見て明らかに修理ができない場合をいいます(車両がぺちゃんこに潰れている場合など)。

②経済的全損の場合
経済的全損とは,修理ができないわけではないが,修理費が事故当時の車の時価・買い替え諸費用等の全損害を超える場合をいいます。

③社会通念上買い替えが相当な場合
社会通念上買い替えすることが相当な場合とは,フレーム等の車体の本質的構造部分に重大な損傷の生じたことが客観的に認められる場合のことをいいます。



修理ができない場合には,新車への買い替えを請求できるのか


 では,修理ができない場合は,新車への買い替えを請求できるのでしょうか。
 これもよく裁判などで問題になりますが,答えはノーです。

 修理ができない場合には,車を買い替える必要があり,このような場合は「買い替え」を請求することができます。しかしそれはあくまでも,事故当時の被害車両の時価に留まります(正確には,事故当時の車両価格から事故後の車両の売却代金(スクラップ代金など)を差し引いた額です)。 事故にあって修理が不可能になったからといって,新車への買い替え価格を賠償させるとなると,事故によって被害者が得をしてしまうという理由もあって,新車への買い替え価格の賠償は認められていません。

 なお,事故車が新車だった場合には,例外的に新車への買い替えが認められた裁判例もありますので,買い替えについてお困りの方は一度弁護士に相談することをお勧めいたします。

 交通事故で皆様からよくある質問は主として後遺障害の話と保険金(損害賠償金の額)の話になります。
 特に,後遺障害の件は,交通事故に詳しい弁護士への相談が必須の分野です。しかも,事故直後からのご相談の必要性が特に高い分野です。




交通事故と物損Q&A へ戻るimage.png

柏事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏1-5-10
水戸屋壱番館ビル4階
受付時間:午前9:00~午後22:00

当サイトはリンクフリーです。リンクはお好きなページにご自由にお張りください。事前連絡は不要です(弁護士法人よつば総合法律事務所)。







Copyright © 2012 All Rights Reserved.