後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい

千葉弁護士による交通事故の無料相談

  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 問合せからの流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • ご相談の流れ
  • LINEで相談受付中

  • HOME
  • 交通事故の知識
  • 運転者がてんかん発作や心臓発作等で意識を失って事故を起こした場合

運転者がてんかん発作や心臓発作等で意識を失って事故を起こした場合

 

 運転者がてんかん発作や心臓発作などで意識を失って事故を起こした場合,被害者は賠償を受けることができるのでしょうか。

 

 まずは損害賠償の原則を記載した民法をみてみましょう。
「責任能力」について定めた民法713条には「精神上の障害により自己の行為の責任を弁識する能力を欠く状態にある間に他人に損害を加えた者は、その賠償の責任を負わない。ただし、故意又は過失によって一時的にその状態を招いたときは、この限りでない。」と規定されています。

 
 つまり,てんかん発作や心臓発作などで意識を失った結果事故を起こした場合,原則として運転者には賠償責任がないということになります。
①運転者が意識を失う可能性を認識していたこと,②投薬治療等により意識障害を防止することが可能であったことの要件を満たした場合のみ,民法713条但書によって例外的に賠償責任が認められるに過ぎないのです。

 しかし,落ち度のない被害者に対する賠償は広く認められるべきでしょう。
そこで,このような場合でも,人的損害(治療費や慰謝料等の怪我に関する損害)については,自動車損害賠償保障法3条(以下「自賠法」といいます。)による賠償責任が認められています。


 糖尿病による低血糖で意識を失い,事故を起こしたケースについて,東京地裁平成25年3月7日判決は,「自賠法3条は,自動車の運行に伴う危険性等に鑑み,被害者の保護及び運行の利益を得る運行供用者との損害の公平な分担を図るため,自動車の運行によって人の生命又は身体が害された場合における損害賠償責任に関し,過失責任主義を修正して,運行を支配する運行供用者に対し,人的損害に係る損害賠償義務を負わせるなどして,民法709条の特則を定めたものであるから,このような同条の趣旨に照らすと,行為者の保護を目的とする民法713条は,自賠法3条の運行供用者責任には適用されないものと解するのが相当である。」と判断しました。
すなわち,てんかん発作や心臓発作などで意識を失って事故を起こした場合でも,人的損害に関する賠償責任は認められると判断したのです(大阪地裁平成17年2月14日判決も同様に判断しています。)。

 一方で物的損害に関しては,自賠法3条の適用はありませんので,運転者に対して修理費等を請求する場合には,民法713条但書による賠償責任が認められるかどうかが重要になります。

交通事故のお悩みはこちら

表 よつば様.png

交通事故バナー.JPG

 

無料メールマガジン




事務所概要

メールでの問合せはこちら

bnr-ofblog-kotsujiko.jpg 

▼弁護士の活動の様子等

fb.png ツイッター グーグルプラス

 

▼交通事故以外の弁護士へのご相談は下記サイトをご覧ください

企業法律専門サイト   ImgLS3.jpg ImgLS9-thumb-240x240-31.jpg



柏事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏1-5-10
水戸屋壱番館ビル4階
受付時間:午前9:00~午後22:00

当サイトはリンクフリーです。リンクはお好きなページにご自由にお張りください。事前連絡は不要です(弁護士法人よつば総合法律事務所)。







Copyright © 2012 All Rights Reserved.