後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい

千葉弁護士による交通事故の無料相談

  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 問合せからの流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • ご相談の流れ
  • LINEで相談受付中

葬儀関係費用について(裁判基準)


1: 赤い本


 葬儀費用は原則150万円。ただし,150万円を下回る場合には,実際に支出した額。香典については損益相殺を行わず,香典返しは損害と認めない。

2: 青い本


 130万円から170万円。
 

3: 自賠責


 (1)葬祭費は60万円とする。
 (2)立証資料により60万円を超えることが明らかな場合は,100万円の範囲内で必要かつ妥当な実費とする。

4: 解説


(1)葬儀に直接関係ある賠償額以外にも,墓碑建設・仏壇購入等の費用が葬儀関係の交通事故の賠償額として認められることがあります。

(2)遺体の搬送費,遺体処置費等は,葬儀に関する保険金とは別途損害として認められることがあります。

(3)現実の支出額が上記の水準に達しない場合には,現実の支出額をもって損害とすることになります。

(4)葬儀に関する支出には様々な支出があります。それらの葬儀に関する出費についてはきちんと領収書等の証拠をとっておくことが大切です。自動的に一定の金額が葬儀に関する賠償額として認められるというわけではありません。あくまで実際にかかった額について証拠があることを前提として,必要性・相当性がある金額が葬儀に関する交通事故の損害賠償額として認められるということになります。

5: 事例


(1)20才,男性,専門学校生の死亡につき,原告の葬儀代金187万4100円の請求に対して,被害者が若年で葬儀代金の支出を余儀なくされた事情をも勘案して,180万円が認められた。

(2)葬儀代金の他,納棺・遺体搬送費45万円余,仏壇代金43万円余が認められた。

(3)葬儀代金とは別に,交通事故で死亡したために遺体処置費・文書料等15800円が認められた。


【動画で見る交通事故】 死亡事故における葬儀費用 

  今回は「死亡事故における葬儀費用」を説明します。

(解説 川﨑翔)

ほかの動画を見る

交通事故のお悩みはこちら

表 よつば様.png

交通事故バナー.JPG

 

無料メールマガジン




事務所概要

メールでの問合せはこちら

bnr-ofblog-kotsujiko.jpg 

▼弁護士の活動の様子等

fb.png ツイッター グーグルプラス

 

▼交通事故以外の弁護士へのご相談は下記サイトをご覧ください

企業法律専門サイト   ImgLS3.jpg ImgLS9-thumb-240x240-31.jpg



柏事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏1-5-10
水戸屋壱番館ビル4階
受付時間:午前9:00~午後22:00

当サイトはリンクフリーです。リンクはお好きなページにご自由にお張りください。事前連絡は不要です(弁護士法人よつば総合法律事務所)。







Copyright © 2012 All Rights Reserved.