交通事故に遭うと,視覚に異常が出ることがありますか?

2018年06月04日
このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故に遭うと,視覚に異常が出ることがありますか?

交通事故で高次脳機能障害になると、物を見てもその名前がわからない視覚失認になることがあります。





 交通事故による高次脳機能障害と視覚失認




◆物の名前がわからない




(Cさん56歳男性)
夕方から雨が本降りになり、日没前なのに日が暮れたようにあたりは薄暗く見えます。
自宅近くの信号のない横断歩道を渡っているとき、無灯火の車がブレーキをかけずにCさんの方に向かって走ってきました。

その後の記憶は途切れ、Cさんが目を覚ましたのは病院のベッドの上でした。
手足は動くし、どこも痛いところはありません。
車にはねられはしたものの、怪我は軽かったのだ・・Cさんは不幸中の幸いと思うことにしました。


しかし、お医者さんの考えは違いました。
Cさんは、交通事故で頭を打ったことが原因で高次脳機能障害になったことが、画像診断でわかったのです。




Cさんに現れた主な症状は、視覚失認(しかくしつにん)でした。
視力が悪くなったわけではないのに、ものを見てもそれが何か良くわからないのです。

看護師さんがCさんに朝食を運んできます。
スープを飲むためのスプーンと、ソーセージを食べるためのフォークがお盆の上に載っていますが、スプーンとフォークを見ても、それが何か、どう使うのかわかりません。

Cさんは、脳のなかで行われる視覚による情報処理に問題が起きたために、高次脳機能障害の後遺症のひとつである視覚失認を起こしたのでした。









◆症状が改善するとリハビリテーションが楽しくなる




Cさんは、医師や看護師に励まされてリハビリテーションを始めました。

絵カードに描いてあるハサミや植木鉢、メガネなどを見てそれが何という物品か答える訓練は、はじめは答えができず、苦労しましたが、何度も同じ訓練を繰り返すうちに、だんだん物の名前が言えるようになりました。


そうなると、単調でつまらなく感じていたリハビリテーションが楽しみになってきます。


次は、実物を見て名前を答える訓練です。
立体的な物は、見る角度によって形が違って見えるので、視覚情報がより複雑になるので、より難易度が高くなります。

Cさんは、リハビリテーションの課題ができた時の達成感を味わいたくて、次の訓練に集中して取り組みました。
立体を認知する能力が上げるために、視線を動かす訓練も行いました。



Cさんは退院するにあたって身の周りのものを決まったところに置くと視覚失認の症状が出にくくなると教わりました。

そこで、妻と相談しながら、不要なものは捨て、カーテンの色を統一するなど部屋の模様替えをした結果、視覚失認をあまり気にせず暮らせるようになりました。



Cさんは、積極的にリハビリテーションと向き合った結果、高次脳機能障害による視覚失認を克服したのです。






▼参考記事
・交通事故による高次脳機能障害:左半側空間無視とリハビリテーションですか?
・当事務所の交通事故解決事例
・交通事故の注目の裁判例

▼よつば総合法律事務所 公式サイト
▼よつば総合法律事務所 公式ブログ




(よつば総合法律事務所 弁護士 大澤一郎)

交通事故で高次脳機能障害になった際,早期にリハビリテーションしたほうが良い理由はなぜですか?

2018年05月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故で高次脳機能障害になった際,早期にリハビリテーションしたほうが良い理由はなぜですか?

交通事故で高次脳機能障害になった人は、早期にリハビリテーションを始めると、失われた能力を脳の他の部分が補おうとするので、後遺症が軽くなる傾向があります。





 交通事故で高次脳機能障害:早期のリハビリテーションと脳の変化




◆早期にリハビリテーションを始めると脳はどうなる?



昨日のコラム「交通事故で高次脳機能障害:リハビリテーションはベッドの上で始まる」では、交通事故で高次脳機能障害になった人のリハビリテーションは、できるだけ早く開始するのが、現在の医学における考え方であることを述べました。

なぜ、そんなに早い時期に急いでリハビリテーションを始めるのでしょう?
怪我をしてしばらくの間は、事故のショックや、体が思うように動かないことによるいらだちなど、精神的に不安定な時期が訪れます。
高次脳機能障害による意識障害を起こす場合もあります。

しかし、高次脳機能障害は、発症してしばらくすると、症状が安定し、それからは進行しないという特徴があります。
この時期を逃さずにリハビリテーションを開始することが、脳にとても良い効果を生み出すのです。





いったん損傷した脳細胞を、元通りに治すことはできません。
ですから、高次脳機能障害による後遺症の原因となっている脳の部分を治療する手段は、現在のところ見つかっていないのです。



しかし、脳の神経には「可塑性(かそせい)」という素晴らしい性質があります。
可塑性とは、機能の変化を起こすことです。
壊れた脳を再生することはできないけれども、脳の他の部分の神経は、失われた能力を補おうとする柔軟性を持っているのです。







◆リハビリテーションが脳神経に刺激を与える



脳に可塑性という素晴らしい性質があるとは言っても、何もしないでそのままでは、失われた能力を他の部分で補おうとする働きは起きません。

脳の神経が、何らかの刺激を受けることで、可塑性が起き、失われた能力を補おうとするのです。

その「刺激」が、リハビリテーションなのです。







◆達成感を感じることがだいじ



リハビリテーションというと、単調な動きを繰り返し行う、忍耐を要する訓練というイメージがありませんか?

脳は、新しい物事に出会うこと刺激を受けます。

リハビリテーションは、単調な動きを毎日のように繰り返すのではなく、新しい訓練方法も順次取り入れることが不可欠なのです。
バリエーションのある動作は脳を活性化させるので、理学療法だけでなく、高次脳機能障害の症状に応じた作業療法も行います。



そして、忘れてはならないのが、リハビリテーションで達成感を感じることです。


目標をクリアして達成感を感じると、ドーパミンという脳内伝達物質が分泌されます。
やり遂げたという満足感、自己肯定感は脳に良い影響を与えて、リハビリテーションの効果を高めるのです。


達成感を感じてその日のリハビリテーションを終えることができるといいですね。






▼参考記事
・交通事故で生活が一変。。まさか自分が高次脳機能障害になるとは,これからどう生活していけば良いのでしょうか?
・交通事故で高次脳機能障害で,記憶障害でも仕事をする事は可能ですか?
・「臭いが分からなくなった!?」〜頭部外傷と嗅覚障害〜

▼よつば総合法律事務所 公式サイト
▼よつば総合法律事務所 公式ブログ




(よつば総合法律事務所 弁護士 大澤一郎)

交通事故で高次脳機能障害になった場合のリハビリテーションについて教えていただけますか?

2018年05月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故で高次脳機能障害になった場合のリハビリテーションについて教えていただけますか?

交通事故で高次脳機能障害になった人のリハビリテーションは、まだ患者さんに大きな負荷をかけられなくても、ベッドの上で行うことができます。





交通事故で高次脳機能障害:リハビリテーションはベッドの上で始まる




◆リハビリテーションを始める時期はいつが良い?




リハビリテーションの方法とその効果に対する研究が進んだ結果、昔と今では、リハビリテーションに対する認識が大きく変わってきました。

以前は、交通事故で高次脳機能障害を発症した人のような重症患者は、入院してから容体がある程度落ち着くまで絶対安静で過ごすのがあたり前でした。



つまり、その間、リハビリテーションは全く受けず、ただ病室のベッドの上で動かずに過ごしていたのです。
しかし、現在の医学では、「リハビリテーションは、できるだけ早く開始すべきである」という考えが主流です。



リハビリテーションという言葉から連想するのは、専用のマシンが完備されたトレーニングルームで、手すりや歩行器を使って歩くなどの訓練を行う光景ですが、ここで言うリハビリテーションは、そのように身体に大きな負荷を与えるものではなく、できる範囲で体を動かすことを意味します。

理学療法士が病室を訪れ、高次脳機能障害の患者さんがベッドの上にいる状態でリハビリテーションを行えば、患者さんが病室を移動することによる体力の消耗を防ぐことができます。
また、患者さんはベッドの上だけでも、以下のようないろいろな体位を取ることができるので、体位に合わせてバリエーション豊富なリハビリテーションを行うことができるのです。



むろん、患者さんによってできる体位とできない体位がありますから、医療チームで良くコミュニケーションを取りながら、どのような運動をしたら良いか判断した上で実施します。







◆ベッド上の体位



ベッドの上で取ることができる姿勢は、こんなにいろいろあります。

・仰臥位(おうがい:上向きに横たわる姿勢)
・腹臥位(ふくがい:うつ伏せに横たわる姿勢)
・側臥位(そくがい:上半身を横向きにして横たわる姿勢)
・長座位(ちょうざい:ベッドの上で上半身を起こし、足を延ばした姿勢)
・端座位(たんざい:ベッドの端に腰掛ける姿勢)

病室のベッドが、マットレスの角度を変えることができるギャッジベッドであれば、以下の姿勢も可能です。
・半座位(はんざい:頭側のマットレスを持ちあげ、上半身を15度から45度くらい起こす姿勢)



そうして十分な体力が付いたら、いよいよ立位(りつい:両足で立つ姿勢)、歩行訓練など、次のステップに進みます。


その頃には、高次脳機能障害は急性期を脱して症状が安定してきますから、より負荷をかけたリハビリテーションにも耐えうる体になってきます。



交通事故に遭い高次脳機能障害になった場合は,ぜひ高次脳機能障害に詳しい弁護士にご相談されることをお勧めします。






▼参考記事
・交通事故で頭を打ちました。外傷はないのですが,脳神経外科を受診した方が良いでしょうか?
・高次脳機能障害でリハビリテーションが重要と言われる根拠はなんですか?
・頭(脳)に怪我を負われた方の解決事例

▼よつば総合法律事務所 公式サイト
▼よつば総合法律事務所 公式ブログ




(よつば総合法律事務所 弁護士 大澤一郎)

交通事故に遭い,療養や通院のため有給休暇を取得したとき,休業損害になることがあると聞きました。療養や通院のために病気休暇を取得したときも休業損害として賠償の対象となりますか?

2018年05月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故に遭い,療養や通院のため有給休暇を取得したとき,休業損害になることがあると聞きました。療養や通院のために病気休暇を取得したときも休業損害として賠償の対象となりますか?

この場合,休業損害として認める裁判例と,認めない裁判例に分かれています。理論的に考察すると,難しいと考えられます。




 交通事故 : 休業損害 




◆有給休暇が休業損害として扱われる理由




労働者が交通事故に遭って治療を受けるとき「有給休暇」を取得して通院することがあります。

有給休暇は,労働者が仕事をしなくてもお金を受け取ることができる日であり,有給休暇の取得権は,労働基準法によって認められている労働者の権利です。

そこで,有給休暇の取得権には,財産的価値が認められると考えられます。

交通事故のために有給休暇を消化してしまったということは,その財産的価値を費消してしまったということですから,労働者に損害が発生していると言えます。分かりやすくいえば,ほかの機会に使えたのに治療や症状のために有給休暇を使ったという点を捉えて,休業損害として考えることになります。


このような考え方で,一般的に「有給休暇」を消化して治療を受けた場合には,有給休暇分にも休業損害が認められています。







◆病気休暇とは



病気休暇とは,公務員に取得することが認められている休暇の1つです。導入している民間会社もあります。
公務員には,病気休暇,特別休暇,介護休暇という休暇が認められており,介護休暇の場合には給与が支給されませんが,病気休暇と特別休暇の場合には,給与が支給されます。

病気休暇の場合,裁判例では,休業損害として補償の対象になるとするものもありますが,休業損害として認めないというものもあり,判断が分かれています。

有給休暇は,原則として労働者が自分の好きなときに(時季を指定して)取得することができます。一方,病気休暇は,負傷や病気のために療養する必要がある場合にのみ取得することができます。

したがいまして,病気休暇はほかの機会に使えるということはありません。このことから,病気休暇分を休業損害として評価するのは難しいと考えられます。



とはいえ,有給休暇分についても,休業損害であることを否定しつつ,慰謝料算定の場面で考慮するという考え方がありました。病気休暇についても,休業損害として認められないとしても,病気休暇を使ったことを慰謝料の算定の一事情として考慮する余地もあります。

以上より,交通事故後,加害者の保険会社と示談交渉を進めるときには,相手から「特別休暇,病気休暇は休業損害の計算対象にならない」と言われることがありますが,そのような場合でも,諦める必要はありません。



サラリーマンや公務員の場合,休業損害の計算方法は比較的容易であると考えられていることがありますが,実際にはこういった法的問題がたくさんあるものです。お困りの際には,弁護士までご相談下さい。





▼参考記事
・サラリーマンが交通事故に遭って休業した場合,どのような補償をしてもらえますか?
・損害賠償額の基準に注意!
・弁護士が入ると損害賠償額が上がる!

▼よつば総合法律事務所 公式サイト
▼よつば総合法律事務所 公式ブログ




(よつば総合法律事務所 弁護士 佐藤寿康)

交通事故により,手と腕を怪我しました。怪我がきれいに治らず,傷痕が残ってしましました。このような場合,何か後遺障害が認定される可能性はありますか?

2018年05月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故により,手と腕を怪我しました。怪我がきれいに治らず,傷痕が残ってしましました。このような場合,何か後遺障害が認定される可能性はありますか?

この場合,12級あるいは14級の後遺障害が認定される可能性があります。




 交通事故 : 外貌醜状 




◆上肢や下肢の醜状痕は,外貌醜状にならない




交通事故で受傷すると,やけどや切り傷,手術などにより,「傷痕」が残ってしまうことが多いです。こうした「傷痕」のことを,「醜状痕」といいます。

首や顔,頭などの部分に醜状痕が残った場合には,「外貌醜状」として,後遺障害が認定されます。

後遺障害の等級については,醜状痕が残った場所や醜状痕の種類,大きさなどによって分類されており,重い方から7級,9級,12級が認定される可能性があります。

これに対し,手や脚は,「外貌」ではありませんので,上記の「外貌醜状」による後遺障害の認定は,受けられません。

なお,交通事故の後遺障害認定の場面では,手(腕)のことを「上肢」,脚のことを「下肢」といいます。







◆上肢や下肢の醜状痕の後遺障害



上肢や下肢であっても,露出部分に傷跡が残っていると,被害者の精神的苦痛も大きくなりますし,見栄えが悪くなって被害者がさまざまなことに消極的になり,就労にも影響が出る可能性があります。

そこで,上肢や下肢の露出部分に一定以上の醜状痕が残った場合には,後遺障害として認定される可能性があります。

認定される等級は,14級です。

・14級4号 上肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
・14級5号 下肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの

また,上肢や下肢の露出面に,その面積の2分の1以上の醜状痕が残った場合には,12級相当となります。

上肢の露出面とは,腕の「ひじ関節」より下の部分です。ひじ関節より上の部分(二の腕や肩)は,日常的に露出する部分とは考えられていないので,上記の醜状痕の後遺障害の認定対象とはなりません。

同様に,下肢の露出面とは,ひざ関節より下の部分です。ひざ関節より上の部分(ふとももなど)は,日常的に露出する部分とは考えられていないので,ここに醜状痕が残っても,上記の醜状痕の後遺障害認定対象にはなりません。







◆逸失利益が否定されるケースがある



上肢や下肢の醜状痕の後遺障害が残った場合,「逸失利益」が否定されやすいので,注意が必要です。

これらの部分に醜状痕が残っても,身体が不自由になるわけではなく,労働能力が低下しないと考えられるからです。


ただ,醜状痕が影響する仕事もありますし,たとえ逸失利益が認められなくても後遺障害慰謝料を増額してもらえる可能性もあります。

上肢や下肢に醜状痕が残った場合には,適切に後遺障害認定を受けて,被害者の正当な権利にもとづいた賠償金を受け取る必要があります。


対応に迷われた場合には,お気軽に弁護士までご相談下さい。





▼参考記事
・交通事故での醜状障害の後遺障害慰謝料は高くなることがあると聞きました。本当にそうなのでしょうか?
・醜状痕(12級相当)について裁判で約1050万円の賠償が認められた事例
・傷跡の解決事例

▼よつば総合法律事務所 公式サイト
▼よつば総合法律事務所 公式ブログ




(よつば総合法律事務所 弁護士 佐藤寿康)

もともと柔道をしていたこともあり,腰の状態があまりよくはなかったのですが,交通事故で腰の状態がさらに悪くなりました。このような場合でも,後遺障害が認定される可能性はあるのでしょうか?

2018年05月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

もともと柔道をしていたこともあり,腰の状態があまりよくはなかったのですが,交通事故で腰の状態がさらに悪くなりました。このような場合でも,後遺障害が認定される可能性はあるのでしょうか?

交通事故によって症状が悪化して後遺障害の等級に該当する状態になったのであれば,後遺障害認定を受けることができます。ただしこの場合,既往症があることにより,賠償金が減額される可能性があります。




 交通事故 : 既往症 




◆腰椎捻挫の後遺障害認定について



交通事故に遭って腰に衝撃を受けると,腰椎捻挫などの傷病を発症することがあります。

腰椎捻挫になると,腰を動かしにくくなったり痛みが発生したりしますし,椎間板ヘルニアが伴っているなどすると,脚にも痛みやしびれが起こることがあります。

腰椎捻挫になった場合,12級か14級の後遺障害が認定される可能性があります。

MRIなどの画像診断によって異常を立証できれば12級となりますし,画像によって症状を立証できない場合でも,症状を合理的に説明できれば14級となります。


ただ,本件のように,もともと柔道をしていて腰の状態が悪かった場合,必ず後遺障害認定を受けられるとは限りません。


もともと症状があったことが確認されると,今回発生している痛みやしびれも,もともとの症状によるものだとされて,交通事故との因果関係が否定される可能性があるからです。

しかし,もともとの症状は軽かったのに,交通事故によって明らかに悪化して後遺障害認定基準に達した場合には,後遺障害の等級を認めてもらうことができます。
そのためには,通常のケース以上に,工夫して主張立証を行うことが必要となります。









◆既往症による素因減額について




また,このようにもともとの症状がある場合,「既往症」によって賠償金を減額される可能性があります。既往症とは,被害者がもともと持っている体質的な素因のことです。

この場合,被害者の既往症によって損害が拡大していると考えられるので,すべての損害を加害者に負担させるべきではないと判断されて,被害者による損害賠償請求が制限されるのです。法律的には,過失相殺(民法722条2項)の類推適用です。

このような減額方法のことを,素因減額といいます。

素因減額が行われるとき,減額率については,明確な基準はありません。
既往症(素因)が損害の発生や拡大にどの程度寄与しているか,素因の性質や受傷内容,交通事故の態様などを考慮して,個別的に割合が判断されます。
20%程度の減額となるケースも,50%程度の減額となるケースもあります。


むちうちで,既往症がある場合には,一般的なケースとは異なる注意が必要となります。
後遺障害認定の際にも問題が生じることが多いので,まずは弁護士までご相談下さい。






▼参考記事
・脊髄損傷と素因減額とは,どんな関係がありますか?
・当事務所の交通事故解決事例
・よつばの交通事故への「想い」と「こだわり」

▼よつば総合法律事務所 公式サイト
▼よつば総合法律事務所 公式ブログ




(よつば総合法律事務所 弁護士 佐藤寿康)

交通事故に遭いました。むちうちの治療は,どのようなものが一般的なのでしょうか?

2018年05月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故に遭いました。むちうちの治療は,どのようなものが一般的なのでしょうか?

むちうちになったら,温熱療法やマッサージ,電気療法や理学療法などを行うことが多いです。症状がある程度安定してくると,リハビリを開始し,整骨院で治療を受けることもあります。




 交通事故 : むちうち 




◆むちうちの一般的な症状は頸椎捻挫




交通事故で追突事故などの被害に遭うと,「むちうち」になるケースが多いです。

むちうちにはいろいろな意味合いがありますが,一般的な交通事故でもっとも多いのは,「頸椎捻挫」による症状です。

むちうち(頸椎捻挫)になった場合の治療方法は,段階によって変わってきますので,以下で,事故後の経緯を追って,一般的な治療方法を紹介します。







◆初期段階の治療方法




むちうちになったら,まずは整形外科を受診します。

整形外科に行くと,問診が行われ,MRIやレントゲンなどの画像検査が実施されて,医師が頸椎捻挫などの診断名をつけます。

事故から1か月程度までの間の急性期には,損傷した頸部に炎症が起こっています。

このとき,患部を刺激すると症状が悪化する可能性があるので,できるだけ安静にして保存療法を行います。炎症を抑えるため,患部を冷やす治療も実施されます。
急性期で痛みが酷い場合には,ブロック注射をすることもありますし,消炎鎮痛剤(痛み止め)が処方されるケースもあります。

基本的には自宅で過ごして通院治療を継続しますが,首を安定させにくいケースでは「ネックカラー」を装着して固定させることもあります。この時期はシップなどで炎症箇所を冷やすことも有効です。







◆急性期以後の治療方法



急性期が過ぎて,頸部の炎症が治まると,徐々にリハビリを開始します。

急性期には首を固定していたとしても,少しずつ動かして,元に戻していきます。

また,安定してくると,冷やすよりも,むしろ温熱療法が効果を発揮することがありますし,マッサージなどを行うケースもあります。
自宅でストレッチなどをすることも効果的ですし,継続的に電気治療を行うことも多いです。
また,症状が落ち着いてくると,医師の了承を得て整骨院や接骨院,鍼灸院などで治療を受ける方もたくさんおられます。

むちうちは,急性の症状は少ないですが,完治には長い期間がかかることがあります。10か月程度院される方もいますし,それでも完治せずに後遺障害が残ることも多いです。




交通事故でむちうちになり,辛い症状に悩まれているとき,治療中しかできないこともありますから,お気軽に弁護士にご相談下さい。





▼参考記事
・整骨院・接骨院の施術も治療費として認められますか?
・交通事故でむち打ちになった場合の治療期間はどのくらいがよいのか教えてください。
・「むちうち」とは〜むちうちの知識〜

▼よつば総合法律事務所 公式サイト
▼よつば総合法律事務所 公式ブログ




(よつば総合法律事務所 弁護士 佐藤寿康)

交通事故に遭った際,むちうちの治療頻度としては,週にどれくらい通うのが適切なのでしょうか?

2018年05月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故に遭った際,むちうちの治療頻度としては,週にどれくらい通うのが適切なのでしょうか?

この場合,できれば週3回以上は通院を継続すべきです。




 交通事故 : むちうちの治療頻度 




◆通院頻度が低いと,入通院慰謝料が減る




交通事故に遭ってケガをすると,加害者に対して「入通院慰謝料」を請求できます。入通院慰謝料とは,交通事故で受傷して,病院に入通院した場合に認められる慰謝料です。

入通院した期間に応じて計算されます。

しかし,入通院慰謝料は,通院頻度が低いと減額されることがあります。


基本的に入通院した期間(月数)によって計算しますが,通院頻度が少ない場合,実通院日数の3.5倍程度が上限とされることがあるからです。

たとえば,3か月間(90日)の間に15日しか通院していなければ,15日×3.5=52.5日となり,本来の90日より大きく減ってしまいます。
また,むちうちで自覚症状しかない場合には,実通院日数の3倍程度を入通院慰謝料の基礎となる期間にされることが多いので,やはり通院日数が減ると,慰謝料が減額されます。

このようなことから,むちうちの場合,他覚症状があってもなくても,通院頻度が少ないと,不利に扱われます。症状があるとき,通院した期間分の入通院慰謝料を確実に獲得するためには,週3日以上は通院をすることが望ましいです。








◆通院頻度が低いと,治療費を打ち切られる



通院頻度が少ない場合,入通院慰謝料が減らされる以外にもデメリットがあります。
それは,治療費打切りの問題です。

交通事故後,被害者が入通院治療を受けるとき,加害者の保険会社が治療費を直接医療機関に支払うので,被害者は病院の窓口で支払をしなくてよいことが多いです。

しかし,通院頻度が少ないと,加害者の保険会社は「もはや治療の必要性がないのではないか」「症状固定しているのではないか」といって,治療を終えるように求めてきたり,治療費直接払を一方的に打ち切ってきたりすることもあります。

治療費を打ち切られると,被害者が医療機関に対して治療費を支払うという負担が生じますから,そのようなことのないよう,週3回以上は通院することが望ましいのです。








◆後に治療費や入通院慰謝料を請求できなくなる可能性



加害者の保険会社から治療費直接払を打ち切られたとしても,主治医が改善の見込みがあると考えている間は,被害者が自分で窓口で費用を負担して通院すれば,基本的に,後に加害者に対し,治療費を請求することができます。

しかし,通院頻度が少ない場合,後に裁判をしても「もはや治療の必要性がなくなっていた」と判断されて,治療費の請求が認められない可能性があります。

そこで,後の治療費回収の確実性を増すためにも,ある程度以上の頻度で通院を続ける必要があるのです。


以上のように,むちうちになって痛みや痺れが続くのであれば,最低でも週3回は通院を継続すべきです。


交通事故後の通院方法に不安がある場合,弁護士がアドバイスいたしますので,お気軽にご相談下さい。





▼参考記事
・保険会社に治療費の支払いを打ち切ると言われた場合の対応を教えてください。
・交通事故と物損Q&A
・交通事故と治療Q&A

▼よつば総合法律事務所 公式サイト
▼よつば総合法律事務所 公式ブログ




(よつば総合法律事務所 弁護士 佐藤寿康)
| 治療費 |

交通事故に遭った直後は,痛いところがありませんでしたが,翌日以降に首が痛くなってきました。このような場合にも,後遺障害が認定される可能性はあるのでしょうか?

2018年05月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故に遭った直後は,痛いところがありませんでしたが,翌日以降に首が痛くなってきました。このような場合にも,後遺障害が認定される可能性はあるのでしょうか?

あります。このような場合,むちうち(頸椎捻挫,外傷性頸部症候群)である可能性が高いです。むちうちになると,14級もしくは12級の認定を受けられる可能性があります。




 交通事故 : むちうち 




◆むちうちとは




交通事故に遭うと,いわゆる「むちうち」になることが多いです。

むちうちというのは俗称であり,「頸椎捻挫」「外傷性頸部症候群」といった傷病名になることが多いです。重傷のケースでは,バレー・リュー症候群や神経損傷を伴うケースもあります。


むちうちになると,以下のような症状が出ます。

・腕や首のしびれや痛み,
・肩こり
・背中の痛み
・めまい,耳鳴り
・吐き気
・頭重感


たとえば,自動車同士が衝突した事故を例にしますと,衝突の衝撃で,頸部が,過屈曲・過伸展をして不自然な形にゆがみます。
これが原因で軟部組織や末梢神経が損傷し,各種の症状が出ます。


また,むちうちになった場合,受傷直後は痛みやしびれなどの症状が出ないことも多いです。交通事故直後は,興奮状態になって痛みなどを感じにくくなるということもあるようです。

そこで,ご相談のように,交通事故時に痛みがなくても,翌日や翌々日くらいに痛みやしびれなどを感じることがあります。その場合,交通事故を原因としたむちうち症になっている可能性が高いので,早めに整形外科を受診すべきです。

早い段階で整形外科を受診しないと,事故と受傷の因果関係を否定されて,治療費の賠償等を受けられなくなったり,後遺障害認定を受けられなくなったりすることもありますから,注意が必要です。









◆むちうちで認められる後遺障害の等級




むちうちになった場合,リハビリを続けても,完治せずに痛みやしびれなどの不快な症状が残ってしまうことがあります。その場合,後遺障害認定を受けられる可能性があります。

認定される可能性のある等級は,12級または14級です。

12級が認定されるのは,MRIなどの画像診断により,明確に異常を確認できる場合です。むちうちの場合,レントゲンやCTよりもMRIが有効です。12級になると,裁判基準の後遺障害慰謝料は290万円ですし,逸失利益も請求できます。

画像診断によって異常を確認できない場合でも,症状を合理的に説明できると判断された場合には,14級の認定を受けられる可能性があります。14級の場合では裁判基準の後遺障害慰謝料は110万円ですし,逸失利益も請求できます。


むちうちで後遺障害認定を受けるためには,まずは人身事故として届出を行い,必要な治療を継続して,適切な方法で後遺障害等級認定請求をすべきです。

後遺障害に認定されるべき症状が残ったことと,その症状が適切に後遺障害等級に認定されることは同じではありません。

弁護士がサポートすると,適切な等級認定を受けやすくなりますので,交通事故でむちうちになったと思われる場合,お早めに弁護士までご相談下さい。





▼参考記事
・むちうちで14級9号が認定されるポイントを教えてください
・交通事故に遭い,病院で治療していたら,お医者さんから「あなたは普通の人より首が長いから症状が重いのかもしれない。」と言われました。賠償に影響がありますか?
・むちうちと交通事故

▼よつば総合法律事務所 公式サイト
▼よつば総合法律事務所 公式ブログ




(よつば総合法律事務所 弁護士 佐藤寿康)

交通事故の政府保障事業について教えていただけますか?

2018年05月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故の政府保障事業について教えていただけますか?

政府保障事業とは,交通事故の加害者が自賠責保険に加入していない場合や,ひき逃げなどで加害者が不明な場合に,政府から最低限の保障(てん補金)を受け取れる制度です。支払基準は自賠責保険と同じです。




 交通事故 : 政府保障事業 




◆自賠責保険から保険金を受け取れない場合




交通事故に遭った被害者は,多くの場合,加害者の任意保険会社と示談交渉をして,賠償金を受け取ることになります。

相手が任意保険に加入していない場合であっても,最低でも「自賠責保険」から損害賠償金を受けることができるのが通常です。自賠責保険に加入していない車を運転することは禁止されているからです。


自賠責保険に加入しないで運転をすると,罰則が適用されます。

このように,自賠責保険を強制加入にしているのは,交通事故被害者への最低限の保障のためです。このことにより,交通事故が起こったとき,被害者は,最低限必ず加害者の自賠責保険からの損害賠償金を受け取ることができます。

しかし,中には法律を破り,自賠責保険に加入しないで自動車を運転している人がいます。
また,ひき逃げなどで加害者が不明な場合には,加害者の自賠責保険に対するを請求することができません。


このような事故のケースでは,被害者は,加害者の自賠責保険から保険金を受け取ることができず,救済を受けられません。








◆政府保障事業とは



このように,加害者の自賠責保険を利用できない場合に被害者を救済するための制度が,政府保障事業です。

政府保障事業では,被害者が加害者の自賠責保険に請求できない場合において,政府が代わりに被害者に最低限の保障をすることになっています。

政府保障事業が被害者に支払うお金のことを「てん補金」といいます。てん補金の計算基準や支払われる金額は,自賠責保険と同じです。







◆政府保障事業の利用方法



政府保障事業の申請を受け付けているのは,全国にある各損害保険会社です。そこで,政府保障事業を利用したい場合には,損害保険会社の窓口に行きましょう。

申請書の一式を受け取って自宅で作成し,損害保険会社の窓口に提出します。
すると,損害保険料率算出機構で調査が行われ,国土交通省にて,てん補金の金額が決定されて,窓口となった損害保険会社に通知があります。

すると,被害者にも連絡があり,指定した口座宛に,決定したてん補金が振り込まれることになります。


なお,政府保障事業で被害者に支払われたお金は,後に加害者に対して求償されます。


以上のように,交通事故で加害者が無保険(自賠責保険にも加入していない)の場合にも,政府保障事業を利用すると,最低限の保障を受けることができます。申請方法が分からない場合,弁護士がサポートすることもできますので,気軽に相談してみて下さい。





▼参考記事
・交通事故の加害者が逃げてしまいました。加害者が誰であるか分かりません。何か方法はありますか?
・警察や相手方との対応
・交通事故で怪我をした場合いつ弁護士に相談すべきか?

▼よつば総合法律事務所 公式サイト
▼よつば総合法律事務所 公式ブログ




(よつば総合法律事務所 弁護士 佐藤寿康)
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >
プロフィール
よつば総合法律事務所
千葉県最大級の法律事務所。弁護士16名が所属しております。事務所名の「よつば」は事務所に関わる人が皆幸せになるようにとの思いから名付けました。お気軽にご相談ください。
柏事務所:千葉県柏市(柏駅徒歩3分)
千葉事務所:千葉市(千葉駅徒歩3分)

千葉で交通事故に強い弁護士の無料相談サイト

メールでのお問い合わせ
2018年 10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事