カテゴリー: 首の後遺障害

夫の運転する自動車に乗車していて,出会頭の交通事故に遭いました。私が運転していたわけではないのに,過失相殺されるのですか?

2017年09月07日
このエントリーをはてなブックマークに追加

夫の運転する自動車に乗車していて,出会頭の交通事故に遭いました。私が運転していたわけではないのに,過失相殺されるのですか?

この場合,過失相殺されるのが原則です。




 同乗者の過失相殺 



◆過失相殺とは


交通事故に遭うときは,被害者が運転しているとは限りません。夫や家族,友人などが運転している車に乗っていて,交通事故に遭うこともあります。

その場合,自分がけがをして被った損害などについては,事故の相手に賠償請求をすることができますが,そのとき相手から「過失相殺」を主張されることがあります。

過失相殺とは,交通事故の結果について責任がある場合,その責任の度合いに応じて損害賠償金額が減額されることです。

交通事故の場合,どちらかが完全に100%悪い,という場合ばかりではありません。
どちらにも過失が認められる場合もあり,そのときは,過失の割合に応じて過失相殺が行われます。







◆好意同乗とは


過失相殺は過失割合に応じて行われるので,運転者に認められるのは納得しやすいですが,単なる同乗者にも過失相殺が行われてしまうのでしょうか?


ここで問題になるのは,好意同乗という考え方です。

これは,運転者の好意により,無償で車に乗せてもらっていた場合,同乗者も事故の結果について責任を持つべきだというものです。

事故の相手にしてみると,運転車も同乗者も「被害者側」の人であることに変わりありません。そこで、運転車であろうと同乗者であろうと,被害者側の過失は負担すべきだという考え方です。




一般的には,単に好意同乗であることのみを理由としては,過失相殺をしたり減額したりはしません。同乗者が運転車の危険な運転を煽っていた場合や,危険な状況を知りながらあえて同乗していたような場合は,減額されることがあります。

たとえば,同乗者が運転車にしつこく話しかけて気をそらした場合や,運転車が飲酒していると知りながら同乗していたような場合です。







◆被害者側の過失


ただし,運転者が同乗者と特別な関係がある場合には,同乗者本人には過失がなくても,過失相殺が行われます。

最高裁判所の判例は,「身分上または生活関係上一体をなすとみられるような関係にある者」の過失を考慮することができるとしています。


つまり,運転者と同乗者との関係がこのような関係であれば,過失相殺をされることになります。

具体的には,運転者と同乗者が夫婦など極めて近い親族関係・同居関係にある場合には,原則として同乗者の損害に関しても過失相殺されます。夫婦の関係が既に破綻に瀕しているといった事情があれば,過失相殺されないこともありえます。




以上のように、夫が運転する車に乗っていれば,過失相殺されるのが原則にはなります。
過失割合に疑問をお持ちになったときは、交通事故問題に強い弁護士に相談してアドバイスを求めましょう。




▼参考記事
・過失割合について納得はいかないのですが,どうすれば良いですか?
・同乗者9名の交通事故,保険会社の過失相殺の主張に惑わされず解決した事例
・交通事故の過失相殺とは?
・交通事故ブログ「好意同乗とはなんですか?」




(弁護士法人よつば総合法律事務所 弁護士 佐藤 寿康)


自転車の交通事故の過失割合

2017年03月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

自転車の交通事故の過失割合は,どのような割合になりますか?

基本的に自動車同士の交通事故に比べて,自転車側の過失割合が低くなります。




  自転車の交通事故 


◆基本的に自転車の過失割合が少なくなる


交通事故は,自動車同士の事故ばかりではありません。自動車と自転車が当事者となる交通事故が起こることもあります。
交通事故の示談交渉を行う場合には,こうした自動車と自転車の交通事故のケースでも,やはり双方の過失割合を算定しなければなりません。



自動車と自転車の交通事故の過失割合は,自動車同士の事故とは異なる基準で過失割合が認定されます。自動車と自転車の場合、基本的に自動車同士の事故に比べて,自転車側の過失割合が低くなります。

たとえば、信号機のある交差点における直進車同士の出会い頭衝突の事故の場合、自動車同士の事故なら赤信号で交差点に進入した自動車の過失割合が100になりますが、赤信号で交差点に進入したのが自転車だったときは,自動車:自転車=20:80となります。










◆自転車事故の修正要素


自転車事故でも,過失割合の修正要素があります。
これについて,どちらかに著しい過失や重過失があった場合などにその当事者の過失割合が上がることは、自動車同士の交通事故と同じです。



これ以外に,自転車事故には特有の修正要素があります。

まず,自転車は免許制度がないことや,誰でも気軽に乗ることができるので,自動車には乗らない子どもや高齢者などでも運転することがあります。そこで,これらの運転者が事故に遭った場合,自転車側の過失割合が下がります。また,自転車が自転車横断帯や横断歩道を走行していた場合にも,自転車の過失割合が下がります。

逆に,夜間の事故の場合,自動車からは自転車を見つけにくくなるので,自転車の過失割合が上がります。







◆自転車事故の過失割合の例


以上を前提に,自転車事故の過失割合の例を見てみましょう。
信号機が設置されている交差点上の事故で,自転車も自動車も直進して交差点内に入ってきた場合を考えてみます。この場合には,交差点進入時の信号の色によって過失割合が変わります。

自転車が,自動車がの場合=0100
自転車が,自動車がの場合=1090
自転車が,自動車がの場合=6040
自転車が,自動車がの場合=8020

どちらもの場合,自転車:自動車=30:70



以上のように,基本的には自転車の過失割合が低くなっていますが,自転車が信号無視をしている場合(赤や黄色で進入してきた場合)には,自転車の過失割合のほうが上がっていることがわかります。

自転車を運転する場合であっても,くれぐれも信号無視をしないように注意が必要です。

▼参考記事
・解決事例078兼業主婦が14級9号の認定を受け420万円を獲得した事例」

(弁護士法人よつば総合法律事務所  弁護士 佐藤 寿康 )
◆弁護士 佐藤のプロフィール



交通事故のリハビリテーション・作業療法士の役割って何ですか?

2016年07月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故のリハビリテーション・作業療法士の役割って何ですか?


作業療法士は心と体の機能回復をサポートする専門家で、急性期はおもに手足や指先の動作回復訓練を担当し、回復期は退院後の生活を見据えた具体的な作業訓練を担当します。



【作業療法士の役割】




■作業療法士とは?


作業療法士は,交通事故や病気により高次脳機能障害を発症し、心身に障害を持つ人が,日常生活や社会生活を送る上で必要な機能の回復をサポートする専門家です。


理学療法士は、身体的機能に関するリハビリテーションを担当しますが、作業療法士は、時には心理的な分野まで踏み込んで心と体が健全な状態を取り戻すよう患者さんの訓練を担当します。


作業療法士は、英語「Occupational Therapist(オキュペイショナルセラピスト)」と呼ばれることから、略してOTとも呼ばれることもあります。

作業療法士は国家資格で、大学や専門学校で学んだ後に国家試験に合格しなければ作業療法士を名乗れません。






■急性期における作業療法士の仕事


交通事故で高次脳機能障害を発症した急性期から、作業療法士は治療チームの一員となってリハビリテーションに参加します。
急性期は、日常生活の具体的な作業にはまだ介入せず、手足や指先の動作訓練が主な仕事になります。
作業療法士は、主治医の指示を受け、治療チームで情報を共有しながらリハビリテーションプログラムを実行します。






■回復期における作業療法士の仕事


作業療法士が行うリハビリテーションプログラムの特徴は、理学療法士が行うリハビリテーションと違って、より日常的な動作や活動を取り入れていることです。
もう一つ大事なことは、高次脳機能障害の患者さんが退院後、自宅療養するか、社会復帰して仕事するかなど、今後直面する環境を理解して、一人一人に最適なリハビリテーションを行うことです。



例えば、片麻痺で歩行障害のある高次脳機能障害の患者さんに対して、理学療法士は歩行訓練や寝返りをうつ、椅子から立ち上がるなどの動作訓練を行いますが、作業療法士は、トイレの使い方、食事をする、服を着替える、歯を磨くなどの日常的な動作の回復訓練を担当します。
女性で家事を担当している場合は、料理をする、洗濯物を干す、洗濯物をたたむなどの家事に含まれる動作訓練も行います。

作業療法士は、趣味的な作業における動作訓練も計画に取り入れて、多彩なプログラムで患者さんが興味を維持し向上心を持ち続けることができるよう工夫します。


たとえば、高次脳機能障害の患者さんに対して、回復期に絵画や書道、囲碁、将棋など自分の趣味に合ったものを訓練に取り入れることがあります。
体操や歌唱、楽器の演奏など、集団での訓練を行うこともあります。
日常生活における動作や趣味は、応用力を問われる作業が含まれているので、手足や指先の訓練に留まらず、判断力や記憶力の訓練にもなります。







(弁護士法人よつば総合法律事務所)

医学と行政では高次脳機能障害の定義が違う!?

2016年06月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

学と行政では高次脳機能障害の定義が違う!?
学用語における高次脳機能障害の定義には失語症や失行症が含まれますが,厚生労働省の高次脳機能障害支援モデル事業における高次脳機能障害の定義には含まれません。

【高次脳機能障害の定義】


■行政による高次脳機能障害の支援

最近になって,高次脳機能障害という言葉が以前より頻繁に用いられるようになりました。
そのきっかけとなったのが,平成13年から平成18年3月31日まで厚生労働省が行った「高次脳機能障害支援モデル事業」です。

 ここで言う高次脳機能障害は,以下のような症状のことを指します。

・記憶障害
・注意障害
・判断障害
・遂行機能障害
・社会的行動障害


 これらの症状は,必ずしも本人が自覚しているとは限りません。
自覚していても症状が比較的軽い場合は,高次脳機能障害を発症していることに気づかないこともあります。
その為,怪我や病気が完治したと思い社会復帰したが,以前のように働けない,社会適応できないなどの問題を引き起こします。
 
 一方,医学用語では,上記の症状の他,次の症状も高次脳機能障害の定義に加えています。

・失語症
・失行症
・失認症
・認知症


 国が取り組んでいる高次脳機能障害支援モデル事業と,医療の現場における高次脳機能障害は、
症状の定義が異なるということを覚えておいてください。




■高次脳機能障害支援モデル事業と高次脳機能障害支援事業

高次脳機能障害支援モデル事業とは,高次脳機能障害を発症しているにも関わらず,本人が自覚していなかったり,適切な治療やリハビリを受けることができず苦しんでいる人が大勢いる事実を踏まえて,厚生労働省が行った事業です。
地方自治体と全国の病院やリハビリ施設が,患者さんの治療に取り組みました。


 当初から5カ年計画のモデル事業でしたが,平成18年3月31日にモデル事業が終了すると同年4月より一般施策化され,「高次脳機能障害支援事業」として活動しています。
モデル事業の期間に蓄積したノウハウにより,地方冶自体と病院のネットワークが構築され,高次脳機能障害に対する支援がより充実しました。
 
具体的な活動は,全国に設けた高次脳機能障害を対象とする支援拠点機関に支援コーディネーターを配置して,高次脳機能障害者が適切な治療や支援サービスを受けられる体制を整えることです。



■高次脳機能障害支援事業における高次脳機能障害の定義

高次脳機能障害支援事業が開始するにあたって,行政における高次脳機能障害の定義が明らかになりました。
診断基準は,主要な症状と検査の所見が重要視されます。


症状は,脳の病変の原因となる病気や怪我が確認され,かつ日常生活に記憶障害,注意障害,遂行機能障害,社会的行動障害などの認知障害による制約があることとされています。

検査所見では,MRI,CT,脳波などで脳の器質的病変の存在が確認されることとされています。

参考

http://www.rehab.go.jp/ri/brain_fukyu/handankizyun.html
http://www.rehab.go.jp/TrainingCenter/japanese/TCletter/No3/2_story.htm
http://www.f-gh.jp/koujinou/koujinou6.htm




(弁護士法人よつば総合法律事務所)

交通事故でむち打ちになった場合の治療期間はどのくらいがよいのか教えてください。

2016年06月07日
このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故でむち打ちになった場合の治療期間はどのくらいがよいのか教えてください。
事故の大きさや,被害者の症状,治療状況によって,適切な治療期間は異なります。
治療期間は,相手側の保険会社ではなく,被害者の症状をよく知る主治医の医師が判断します。
 

【むち打ち症の治療期間】



■むち打ちの治療期間
車両に追突された衝撃で首が縦に大きく振れたときなど,交通事故によって首や腰にむちうち症状を抱えることがあります。
(診断書には頚椎捻挫,外傷性頸部症候群,むち打ち損傷などと記載されま。)事故の大きさや,怪我の重さ,個人の身体の構造,治療状況等によって,むち打ち症状の治療期間は様々です。

交通事故の損害賠償請求をする場面では,治療期間とは,事故日から症状が完全に回復したときまで,あるいは症状固定までの期間をいいます。症状固定とは,症状は残存しているが治療をしても大きな改善が見込めなくなった時期のことをいいます。
どのくらい治療を継続すべきかは個人差がありますので,むち打ち症だからといって適切な治療期間が決まっているわけではありません。被害者の訴える症状をきいて,主治医の医師が判断することになります。
一般的には,後遺障害等級が認定されるほどの重度のむち打ち症の方は,事故から6カ月(半年)〜1年くらいの間,診察とリハビリ治療を続ける人が多いです。

■相手保険会社への対応
事故発生から数カ月が経過すると,事故によっては,加害者側の保険会社から,「そろそろ症状固定してください」,「今月いっぱいで治療費の支払を打ち切ります」などと言われることがあります。
症状固定日は,患者の話をもとに,症状をよく知る主治医の医者が判断することであって,相手保険会社が決めることではありません。そのため,症状固定日をいつにするかについては,相手側の保険会社の言いなりになる必要はありません。

治療費の打ち切りについては,相手保険会社が事実上支払いを打ち切った場合,治療費の支払を法的に強制することはできません。もっとも,治療費の支払期間を延ばしてもらえる場合もありますので,相手方保険会社が治療費を打ち切ると言ってきた場合には,交通事故に詳しい弁護士に一度相談してみることをおすすめします。

■治療期間について注意するべきこと
交通事故で怪我を負ってしまった際,最も大事なのは身体をできるだけ事故前の状態に戻すことにあります。
できるだけ身体をもとの状態に戻すためには,適切な期間,治療を継続しなければなりません。
また,むち打ちの後遺障害等級(14級9号,12級13号)を認定する際,治療期間の長さが考慮されたと思われることがあります。たとえば,治療期間が1,2カ月と短い場合には,症状がそこまで重くなかったのだろうと考えられ,後遺障害等級がつくことはありません。そのため,主治医の診察,弁護士の法律相談を通じて,怪我の状態に応じて適切な治療期間となるように気を付けましょう。


(弁護士法人よつば総合法律事務所 弁護士 今村 公治)

むちうちで後遺障害14級9号に認定されるポイント

2016年05月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

 むちうちで14級9号が認定されるポイントを教えてください
 画像所見,通院,神経学的所見,事故状況がポイントです。



◆画像所見について
むちうちの場合,MRI画像にて異常がある場合には後遺障害が認定されやすくなります。また,MRI画像での異常がない場合であってもMRI画像を治療過程にて行っていることにより,症状が重かったのではないかと推測させることがあります。医師の判断になりますが症状が重い時や症状の改善が見られないときはMRI画像による診察を検討するのがよいでしょう。なお,通常のむちうち(頚椎捻挫)の場合,レントゲン画像を初診時に撮影することが多いかと思いますが,レントゲン画像では通常異常は判明しません。(レントゲン検査の略称はX−P,XPなどと表記されます。)

◆通院について
大きい病院に通院する場合には,最低でも月1回の通院は経験上必要です。ただし,大きい病院ではリハビリを行っていませんので,平行して整形外科などで週1回以上はリハビリをすることが望ましいでしょう。
小さい整形外科に通院する場合には,週2回程度の通院が望ましいでしょう。
ただし,通院と通院の期間が余りに空いていると後遺障害が認定されにくくなります。
なお,通院回数は経験に基づく1つの目安に過ぎませんので,あくまで他の事情を総合考慮しての判断となります。
整骨院への通院については個別事情により評価が分かれます。

◆神経学的所見について
腱反射は比較的重視される所見となりますので異常がある場合には後遺障害が認定されやすくなります。その他,徒手筋力検査,スパーリングテスト,ジャクソンテストなどで異常がある場合には後遺障害が認定されやすくなります。筋萎縮検査や握力検査でも異常がある場合には後遺障害が認定されやすくなります。

◆事故状況について
事故状況が大事故の場合には後遺障害が認定されやすくなります。他方,事故状況が軽微な事故の場合には後遺障害は認定されにくくなります。事故状況が大事故の場合には後遺障害の申請の際に事故状況に関する資料を一緒に提出することも検討する必要があります。

◆その他
症状固定後の治療の有無,救急搬送の有無,症状の一貫性,症状の左右差,後遺障害診断書の自覚症状の記載内容,後遺障害診断書の「障害内容の憎悪・緩解の見通し」欄の記載内容,症状固定までの期間(6ヶ月以上),後遺障害診断書やその他診断書・施術証明書等に後遺障害ではないことを裏付けるような記載がないことなどが重要となります。




(弁護士法人よつば総合法律事務所 弁護士 大澤一郎)

むちうちの治療で後遺障害が認定されにくくなってしまうこと

2016年05月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

 むちうちで後遺障害が認定されにくくなるパターンを教えてください。
 治療方法,後遺障害診断書の記載内容などによっては後遺障害が認定されにくくなることがあります。



◆後遺障害診断書の自覚症状の注意事項
後遺障害診断書の自覚症状の欄に「寒い時に違和感がある」「首を回すと痛い」などの表現があると後遺障害認定がされにくくなります。後遺障害の認定では原則として常時痛が必要と考えられています。そのため,「寒い時」「首を回すと」などのように条件付となってしまうと後遺障害が認定されにくくなります。ただし,「常時痛」という表現は特殊な表現ですので,この表現を使うと医師が「保険金狙いの詐病である」と疑う可能性もあります。

◆後遺障害診断書の今後の見通しについて
後遺障害診断書の「障害内容の憎悪・緩解の見通しなどについて」の欄に,「治っている」「改善している」などの記載があると後遺障害と認定されにくくなります。当たり前ですが,後遺障害が「治らない」ということが前提だからです。

◆事故から6ヶ月経過前に症状固定していること
むちうちの場合,経験上,事故から6ヶ月経過前に症状固定となっている場合には後遺障害は認められないことがほとんどです。

◆整形外科への通院回数が極端に少ないこと
整形外科への通院回数が数回など極端に少ない場合,経験上後遺障害が認定される可能性は極めて低いです。

◆症状が一貫しないこと
様々な症状が発生したり消失したりというように,症状が一貫しない場合には後遺障害は非該当となる確率が高いです。

◆最終月の転帰の記載が治癒になっていること
病院の診断書,整骨院の施術証明書において,最終月の転帰の記載が「治癒」となっている場合には後遺障害は非該当となる確率が高いです。

◆車両の損傷が軽微であること
被害者が乗っていた車両の損傷が軽微である場合,後遺障害を否定する材料の1つとなります。

◆事故後1週間以内に病院に行っていないこと
事故後1週間以内に病院に行っていない場合,症状が大したことはないと思われることが多いです。その場合,後遺障害は非該当となる確率が高いです。

◆事故月の病院の診断書に傷病名がないこと
事故月の病院の診断書に頚椎捻挫・外傷性頚部症候群等の頚部の症状があることを前提とする傷病名がない場合には,後遺障害は非該当となる確率が高いです。当初にない症状が後から出てくる場合には,事故以外の原因も考えられるからです。

(弁護士法人よつば総合法律事務所 弁護士 大澤一郎)

むちうちで異議申立をするこつ

2016年05月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

 むちうちで後遺障害非該当から異議申立をするこつを教えてください。
 初回申請段階でまだ提出していない証拠を新たに提出しましょう。



◆MRI画像
MRI画像を撮影していない場合,又はMRI画像を撮影していても精度が低いMRI画像であった場合には,MRI画像を撮影しましょう。具体的には主治医に依頼して紹介状を作成していただき,MRI施設がある病院でMRI画像を取得します。その上でMRI画像を主治医に見ていただき,追加の意見を診断書等に記載していただきます。

◆神経学的所見の推移について
初回申請の際に「神経学的所見の推移について」を提出していない場合には,医師に作成を依頼し提出しましょう。後遺障害診断書よりも詳細な推移がわかりますので異議申立が認められる確率が高くなります。なお,自賠責調査事務所が医師に対して神経学的所見の推移の資料の依頼をすることもあります。

◆頚椎捻挫・腰椎捻挫の症状の推移について
初回申請の際に「頚椎捻挫・腰椎捻挫の症状の推移について」を提出していない場合には,医師に作成を依頼し提出しましょう。むちうちの症状がどのように推移していったかがわかりますので異議申立が認められやすくなります。なお,自賠責調査事務所が医師に対して頚椎捻挫・腰椎捻挫の症状の推移についての資料の依頼をすることもあります。

◆事故状況を示す書類
事故状況の衝撃が強かったような場合には事故状況の衝撃の強さがわかる資料を提出しましょう。具体的には事故車両の写真,事故車両の見積書などです。

◆症状固定後も通院していることがわかる資料
症状固定後も健康保険で通院している場合には,通院していることがわかる資料(病院の領収書など)を提出しましょう。症状固定後も治療を継続している場合,一般的には,「怪我が重い」と判断される傾向にあります。

◆後遺障害診断書等の記載の誤り
後遺障害診断書やその他診断書・施術証明書などの記載に明白な誤りがあったような場合には,誤りの修正を依頼してみましょう。一般的には修正は難しいことが多いですが,明白な誤りがあったような場合には修正に応じていただけることもあります。

◆できるだけ証拠を付けることが重要
追加の証拠を付けずに異議申立をした場合であっても審査はしてくれます。しかしながら,経験上,同じ証拠の場合には同じ結果となることが極めて多いです。そのため,異議申立をする場合には新たな証拠を付けるようにしましょう。

(弁護士法人よつば総合法律事務所 弁護士 大澤一郎)
プロフィール
弁護士法人よつば総合法律事務所
地域最大級の弁護士14名が所属しております。事務所名の「よつば」は事務所に関わる人が皆幸せになるようにとの思いから名付けました。お気軽にご相談ください。
柏事務所:千葉県柏市(柏駅徒歩3分)
千葉事務所:千葉市(千葉駅徒歩3分)

2017年 09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事