HOME > 死亡事故 > 私の父が交通事故で亡くなりました。加害者は,危険ドラッグを使用して,意識が混濁している状態で車を運転して,歩行中の父をはねたそうなのです。このような場合,通常の場合よりも慰謝料は増額しますか?

私の父が交通事故で亡くなりました。加害者は,危険ドラッグを使用して,意識が混濁している状態で車を運転して,歩行中の父をはねたそうなのです。このような場合,通常の場合よりも慰謝料は増額しますか?

2018年07月02日
このエントリーをはてなブックマークに追加

私の父が交通事故で亡くなりました。加害者は,危険ドラッグを使用して,意識が混濁している状態で車を運転して,歩行中の父をはねたそうなのです。このような場合,通常の場合よりも慰謝料は増額しますか?

本件のように交通事故の態様が悪質な場合には,慰謝料が増額される可能性があります。






 交通事故 : 相手が悪質な場合の慰謝料 




◆慰謝料の基準




交通事故で被害者が死亡すると,遺族は加害者に対して「死亡慰謝料」を請求することができます。
死亡慰謝料とは,被害者が死亡したことによって発生する慰謝料です。


死亡慰謝料には基準となる数値があります。

慰謝料は,被害者が受けた精神的苦痛に対する賠償金ですが,被害者がどのような方であっても死亡によって受ける精神的苦痛は大きくは変わらないはずです。そこで,死亡慰謝料は,被害者の年齢や性別,仕事内容や収入などには無関係に一律で計算されます。


ただし,被害者に遺族や被扶養者がいた場合には,そういった方の精神的苦痛も斟酌されるので,慰謝料が高めになります。


死亡慰謝料の基準の数値は以下の通りです。

●一家の支柱 2800万円程度
●配偶者,母親 2400万円程度
●独身者,未成年者 2000~2200万円程度









◆慰謝料の増額事由




それでは,死亡事故ではどのようなケースでも上記で紹介した程度の慰謝料しか発生しないのでしょうか?

たとえば本件のご相談のように,相手が危険ドラッグを服用していて意識混濁状態で運転した場合など,交通事故の態様が非常に悪質なケースでも通常の事故と同じ程度の慰謝料しか認められないのかが問題です。


過去にも,以下のような裁判例があります。
加害者が飲酒運転をしており,高速道路を逆走して交通事故を起こした事案において,3600万円の死亡慰謝料が認定されました。(東京地裁平成15年3月27日交通事故民事裁判例集36巻2号439頁)。

飲酒運転で対向車線に入り,被害者に衝突して死亡させた事案で,加害者は救護活動もしませんでした。

このケースでは,被害者本人の慰謝料2600万円と妻と母親の慰謝料をそれぞれ500万円として,合計3600万円の死亡慰謝料が認められています(東京地裁平成16年2月25日自保ジャーナル1556号13頁)。



以上のように,交通事故の態様が悪質である事案では,3000万円を超える死亡慰謝料が認められたケースもあります。特に近年では危険運転に対する社会の目も厳しくなっており,慰謝料が高額になりやすい傾向があります。




交通事故の相手が悪質で,提示された慰謝料の金額に納得できないケースでは,示談に応じる前に弁護士に相談してみて下さい。





▼参考記事
・交通事故の慰謝料が増額される場合は,どのような場合ですか?
・歩行中の被害者が遷延性意識障害により1級1号の認定を受け約1億1000万円を獲得した事例
・横断歩道上で発生した死亡事故について裁判で3320万円の賠償が認められた事例

▼よつば総合法律事務所 公式サイト
▼よつば総合法律事務所 公式ブログ




(よつば総合法律事務所 弁護士 佐藤寿康)
プロフィール
よつば総合法律事務所
千葉県最大級の法律事務所。弁護士16名が所属しております。事務所名の「よつば」は事務所に関わる人が皆幸せになるようにとの思いから名付けました。お気軽にご相談ください。
柏事務所:千葉県柏市(柏駅徒歩3分)
千葉事務所:千葉市(千葉駅徒歩3分)

千葉で交通事故に強い弁護士の無料相談サイト

メールでのお問い合わせ
<< 2018年 07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事