HOME > 2018年04月12日

2018年04月12日

家族が交通事故に遭いました。高次脳機能障害者とコミュニケーション障害について教えてもらえますか?

2018年04月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

家族が交通事故に遭いました。高次脳機能障害とコミュニケーション障害について教えてもらえますか?

高次脳機能障害で失語症と診断されなくても、他者とのコミュニケーションに問題がある場合は、コミュニケーション障害を発症している可能性があります。






 高次脳機能障害 : コミュニケーション障害 




◆失語症は、高次脳機能障害で良く見られる後遺症の一つ



意味のある発話ができなくなる、発話がほとんどないなど、失語症にはさまざまなタイプがあり、脳のどの部分がどの程度傷ついたかによって、症状の現れ方が異なります。

実は、失語症は、交通事故による高次脳機能障害で良く見られる後遺症の一つで、ごく軽度の場合は、コミュニケーション能力の低下のみが目立つこともあります。

つまり、言語能力の衰えはさほど目立たないが、会話をしても話がかみあわないという場合は、コミュニケーション障害を考えるべきでしょう。

脳の言語中枢の損傷が原因で起きるのが失語症です。
それに対して、言語中枢は健全に保たれているが、脳の他の部位が傷ついたことが起きるのが、コミュニケーション障害です。






◆損傷した部位により、コミュニケーション能力に違いが現れる




【右半球を損傷したために起きるコミュニケーション障害】
言葉を発したり、理解する能力には問題がないのですが、言語の運用で問題が起きます。

たとえば、ユーモアや比喩を理解することができなくなり、言外の意をくみ取れないので、空気が読めない人と思われてしまいます。
要点のない散漫な話し方も、特徴の一つで、一人で話し続ける症状も目立ちます。

相手の人は、話をする人の気持ちや意図を理解するのが困難に思えます。



【前頭葉の損傷によるコミュニケーション障害】
前頭葉を損傷すると、饒舌になる場合と、寡黙になる場合の両極端の症状が見られます。

あるテーマについて話していても、話題がそれてまったく関係のない話を一人で話し続ける症状が現れることもあります。



【脳外傷によるコミュニケーション障害】
右半球および前頭葉の損傷以外でも、コミュニケーション障害が現れることがあります。

話の焦点がずれて自分本位で話すこと、話にまとまりがないことなどが、発話の特徴です。








◆コミュニケーション障害はどうやって評価するか?



高次脳機能障害の人がコミュニケーション障害を発症しているかどうかを判断するには、以下のような項目を評価します。


・言語機能の評価
失語症を発症していないかどうかを検査します。

・談話を評価します。
情景を描いた絵や4コマ漫画を見せて、絵に描かれていることを説明してもらいます。
自分の生い立ちを、活動や出来事、時間の経過などと共に説明できるかどうか試すこともあります。


このような検査を行うことで、言い換えができるか、言い間違いがないか、時間の経過は正しいか、話に整合性があるか、話の始まり、展開、結末などが整っているかなどについて評価します。








▼参考記事
・交通事故に遭って,気付かないうちに高次脳機能障害になっていることもあるのでしょうか?
・交通事故が原因で,高次脳機能障害になった夫と上手く会話するコツはありますか?
・弁護士に気軽に聞いてみる

▼よつば総合法律事務所 公式サイト
▼よつば総合法律事務所 公式ブログ




(よつば総合法律事務所 弁護士 大澤一郎)
プロフィール
よつば総合法律事務所
千葉県最大級の法律事務所。弁護士16名が所属しております。事務所名の「よつば」は事務所に関わる人が皆幸せになるようにとの思いから名付けました。お気軽にご相談ください。
柏事務所:千葉県柏市(柏駅徒歩3分)
千葉事務所:千葉市(千葉駅徒歩3分)

千葉で交通事故に強い弁護士の無料相談サイト

メールでのお問い合わせ
2018年 04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事