HOME > 首の後遺障害 > 交通事故の被害者請求では,等級が認定されたら先に自賠責からお金をもらえると聞きました,それはなぜですか?

交通事故の被害者請求では,等級が認定されたら先に自賠責からお金をもらえると聞きました,それはなぜですか?

2018年10月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故の被害者請求では,等級が認定されたら先に自賠責からお金をもらえると聞きました,それはなぜですか?

被害者請求の場合,被害者が直接自賠責保険に保険金を請求するので,自賠責保険で決定が下りたらすぐに保険金が支払われます。
自賠責保険との直接のやり取りなので,任意保険会社との示談交渉が成立するかどうかは無関係だから,先にお金を受け取れるのです。





 交通事故 : 被害者請求 




◆被害者請求と事前認定において,保険金を受け取れるタイミング




交通事故で後遺障害の等級認定請求を行うときには
被害者請求と事前認定の2種類の方法があります。

被害者請求は,被害者が加害者の自賠責保険へと保険金を直接請求する方法で,事前認定は,任意保険会社に後遺障害認定を依頼する方法です。

被害者請求の場合には,等級認定の結果が出たらすぐに後遺障害についての自賠責保険金を受け取れます。

これに対し事前認定の場合,示談が成立するまで後遺障害についての保険金を受け取ることはできません。









◆被害者請求で保険金を先に受け取れる理由




被害者請求の場合,なぜ先に保険金を受け取ることができるのでしょうか?

それは,被害者請求は被害者と自賠責保険の直接のやり取りだからです。

被害者請求の場合,任意保険会社を介さずに被害者が直接自賠責保険へと請求を行い,自賠責保険が保険金の決定をしたら,その金額を被害者に支払うだけの単純な構図です。

ここに加害者の任意保険会社は関与しないので,任意保険会社との示談成立を待つ必要はありません。


これに対し事前認定の場合,任意保険会社が後遺障害等級認定の手続きを代行します。

決まった後遺障害についての保険金は,示談成立時に任意保険会社が被害者に立て替え払いして,後に自賠責保険へと請求します。

そこで,事前認定の場合には,後遺障害認定が下りてもすぐには保険金を受け取ることができず,示談成立を待つ必要があります。









◆被害者請求のメリット




被害者請求をすると,後遺障害分の自賠責保険金を先に受け取ることができます。

後遺障害が残った被害者は失業することもありますし,さまざまな物品購入や自宅,車の改造,生活のためなどにお金が必要になるケースが多いので,このように先にお金を受け取れるメリットは大きいです。

また被害者請求の場合,後遺障害が認められるかどうか判断が微妙な案件においても,提出する書類を選別できるなど被害者側の裁量の範囲が大きいため,適切な等級認定手続きにつながりやすいというメリットがあります。


後遺障害等級認定で被害者請求をするときには,最低限の医学的知識や専門のノウハウが必要です。

被害者お一人で対応するより弁護士に任せた方が,認定を受けられる確実性が高まりますので,交通事故で後遺障害が残った場合,お早めに弁護士までご相談下さい。





▼参考記事
・交通事故に遭い治療を続け,後遺障害診断書を任意保険会社に送りました。
しばらくして,任意保険会社から審査結果が送られてきました。後遺障害に当たらないなどと書いてあります。どういうことでしょうか?

・交通事故で相手方が任意保険無保険の場合の対応を教えてください。
・後遺障害等級について

▼よつば総合法律事務所 公式サイト
▼よつば総合法律事務所 公式ブログ




(よつば総合法律事務所 弁護士 佐藤寿康)
プロフィール
よつば総合法律事務所
千葉県最大級の法律事務所。弁護士16名が所属しております。事務所名の「よつば」は事務所に関わる人が皆幸せになるようにとの思いから名付けました。お気軽にご相談ください。
柏事務所:千葉県柏市(柏駅徒歩3分)
千葉事務所:千葉市(千葉駅徒歩3分)

千葉で交通事故に強い弁護士の無料相談サイト

メールでのお問い合わせ
<< 2018年 10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事