HOME > 休業損害 > サラリーマンが交通事故に遭って休業した場合,どのような補償をしてもらえますか?

サラリーマンが交通事故に遭って休業した場合,どのような補償をしてもらえますか?

2016年10月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

私はサラリーマンですが,交通事故によって負った怪我のため,会社を休まざるを得なくなりました。会社を休んだ場合,休まなければ得られたはずの給料を支払ってもらえるのでしょうか?

交通事故によって負った怪我を原因として会社を休んだ場合,休業損害という補償が受けられる可能性が高いです。



【休業損害について】



◆休業損害



交通事故によって負った怪我を原因として休業した場合で,怪我の治癒/症状固定の時期までに本来仕事を休まなければ得られるはずであった給料を得られなかった損害のことを休業損害といいます。


◆休業損害が認められる場合


事故によって負った怪我を原因として仕事を欠勤,遅刻,早退した場合や,労働能力の低下により減給になった場合に,その減収分が休業損害として補償の対象となります。


通院のために欠勤した場合も休業損害の対象になります(ただし事故からだいぶ日数が経っている場合などは損害に含まれるのか争いになる場合があるので注意が必要です)。



◆有給休暇を使用しても休業損害の対象になる




欠勤,遅刻,早退をする場合に,有給休暇を取得した結果,実際の減収がない場合もあります。
その場合でも,本来であれば自由に取得できるはずの有給休暇を,事故による怪我のために消化していることになるので,休業損害の対象となるのです。


この点,保険会社の担当者は「有給休暇を使った場合には給料が出ているから休業損害は支払えません」と言ってくることが多いのですが,本来なら支払われますので,このような言葉に惑わされないように注意しましょう。





◆休業損害の計算方法



一般的には,
事故前3か月間の給与総額÷事故前3カ月の就業日数=1日当たりの平均賃金
1日当たりの平均賃金×休業日数


で計算することが多いです。休業損害の計算に当たっては,住民税・社会保険料などを控除しない給与総額で計算します。
なお,保険会社によっては,上記の計算において,

事故前3カ月間の給与総額÷90日=1日当たりの平均賃金
1日当たりの平均賃金×休業日数=休業損害


として計算してくる場合もありますが,この計算方法によると,1日当たりの平均賃金の算出にあたり,給与総額を就業日数ではなく90日(3カ月)で割っています。
つまり,就業していない休みの日も含めた1日当たりの平均賃金の算出方法になっています。




この1日当たりの平均賃金に,単に休業日数を掛けると,1日当たりの平均賃金が低く計算されてしまい,休業損害全体が低く計算されることとなります。そのため,1日当たりの平均賃金の算出方法において,きちんと就業日数で割られているかしっかりと確認する必要があります。




(弁護士法人よつば総合法律事務所 弁護士 前原 彩)






プロフィール
よつば総合法律事務所
千葉県最大級の法律事務所。弁護士16名が所属しております。事務所名の「よつば」は事務所に関わる人が皆幸せになるようにとの思いから名付けました。お気軽にご相談ください。
柏事務所:千葉県柏市(柏駅徒歩3分)
千葉事務所:千葉市(千葉駅徒歩3分)

千葉で交通事故に強い弁護士の無料相談サイト

メールでのお問い合わせ
<< 2016年 10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事