後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい

千葉弁護士による交通事故の無料相談

  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 問合せからの流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • ご相談の流れ
  • LINEで相談受付中

【頚椎捻挫】
当初非該当だったが異議申立により14級9号が認められた事例
保険会社提示額
な し
解決額
約290万円
(既払金を含めず)

事故発生! 自動車 対 自動車

 志村明夫様(仮名・55才・千葉県稲毛区在住)が車を運転中,後部から追突され負傷しました。


後遺障害と解決まで

 被害者は,頚部打撲・頚椎捻挫・背中打撲・胸椎捻挫等の症状により整形外科と整骨院での治療を継続しました。その後,後遺障害申請を行い,当初は非該当でしたが,異議申立の結果「局部に神経症状を残すもの」として14級9号が認定されました。
 その後,交渉を継続し,約290万円を受領する和解が成立しました。

 

当事務所が関わった結果

 当事務所が関わった結果,異議申立により14級9号の後遺障害が認定され,裁判基準での和解で解決をすることができました。解決のポイントは以下の点です。

解決のポイントは以下の点です。

1: 後遺障害等級について
 当初の認定は非該当でした。異議申立では,事故車両の写真・見積書を提出するとともに症状の一貫性を主張しました。整形外科への照会結果も症状の一貫性を裏付けるものでした。初診時から終診時まで症状が継続している等の理由から14級9号の後遺障害が認定されました。
 また,整形外科での治療日数も週2回程度を維持していましたので,通院の経緯もよかったと考えられます。

2: 早期の交渉による解決
 裁判までは望んでいないというご本人の方針でしたので,早期に損害額の計算書を作成し,保険会社に送付しました。異議申立結果が返ってきたのち,約1ヶ月で話し合いによる合意が成立しました。
 後遺障害認定後の交渉は早ければ1~2ヶ月で終わることもありますので,迅速に進めることができてよかったです。

3: 裁判基準での和解
 傷害慰謝料は別表Ⅱの満額,逸失利益は5%で5年間,後遺障害慰謝料は110万円での合意ができました。裁判や紛争処理センター申立をしないで裁判基準による解決をすることができました。

依頼者様の感想

   ありがとうございました。(平成28年3月9日掲載)。



※プライバシー保護のため,地名については実際にお住まいの場所の近隣ですが実際とは異なる場所を記載してあることがあります。

⇒ご相談の前に必ずこちらをクリックしてください。

無料相談実施中

メールでのご相談はこちら

【頚椎捻挫】
当初非該当だったが異議申立により14級9号が認められた事例
保険会社提示額
な し
解決額
約290万円
(既払金を含めず)

事故発生! 自動車 対 自動車

 志村明夫様(仮名・55才・千葉県稲毛区在住)が車を運転中,後部から追突され負傷しました。


後遺障害と解決まで

 被害者は,頚部打撲・頚椎捻挫・背中打撲・胸椎捻挫等の症状により整形外科と整骨院での治療を継続しました。その後,後遺障害申請を行い,当初は非該当でしたが,異議申立の結果「局部に神経症状を残すもの」として14級9号が認定されました。
 その後,交渉を継続し,約290万円を受領する和解が成立しました。

 

当事務所が関わった結果

 当事務所が関わった結果,異議申立により14級9号の後遺障害が認定され,裁判基準での和解で解決をすることができました。解決のポイントは以下の点です。

解決のポイントは以下の点です。

1: 後遺障害等級について
 当初の認定は非該当でした。異議申立では,事故車両の写真・見積書を提出するとともに症状の一貫性を主張しました。整形外科への照会結果も症状の一貫性を裏付けるものでした。初診時から終診時まで症状が継続している等の理由から14級9号の後遺障害が認定されました。
 また,整形外科での治療日数も週2回程度を維持していましたので,通院の経緯もよかったと考えられます。

2: 早期の交渉による解決
 裁判までは望んでいないというご本人の方針でしたので,早期に損害額の計算書を作成し,保険会社に送付しました。異議申立結果が返ってきたのち,約1ヶ月で話し合いによる合意が成立しました。
 後遺障害認定後の交渉は早ければ1~2ヶ月で終わることもありますので,迅速に進めることができてよかったです。

3: 裁判基準での和解
 傷害慰謝料は別表Ⅱの満額,逸失利益は5%で5年間,後遺障害慰謝料は110万円での合意ができました。裁判や紛争処理センター申立をしないで裁判基準による解決をすることができました。

依頼者様の感想

   ありがとうございました。(平成28年3月9日掲載)。



※プライバシー保護のため,地名については実際にお住まいの場所の近隣ですが実際とは異なる場所を記載してあることがあります。

⇒ご相談の前に必ずこちらをクリックしてください。

無料相談実施中

メールでのご相談はこちら

【腰椎捻挫】
相手方保険会社と交渉して示談金額を大幅に増額した事例(14級9号)
保険会社提示額
178万0493円
解決額
335万円
(自賠責からの支払金を含む)

事故発生! 自動車対自動車

  平成26年末,江田夏美さん(仮名・女性・主婦)が自動車を運転中,後方から自動車に衝突されるという被害に遭いました。


後遺障害と解決まで

 被害者は,事故により腰椎捻挫の傷害を負い,通院をしていました。
 しかし,相手方保険会社から治療費の打ち切りを一方的に言い渡され辛い思いをされていました。そこで,当事務所が受任しました。
 当事務所は,保険会社と折衝の上,適切な治療期間までの通院について一括払い対応を認めてもらいました。そして,その後,後遺障害の申請をサポートし,腰椎捻挫について14級9号の等級が認定されました。
 賠償交渉においても,交渉によって,保険会社の支払額が大幅に増額しました。

 

当事務所が関わった結果

 適正な期間治療を行い,後遺障害の認定がされました。
 また,当事務所が交渉を行ったところ示談の金額が大幅に上昇しました。

解決のポイントは以下の点です。

1: 治療段階における交渉
 治療費の一括払いの打ち切りを一方的に言い渡されることがあります。今回は,間に入って交渉を行い,適切な期間までの対応を交渉によって認めてもらうことが出来ました。

2: 主婦としての休業損害
 不自由をきたしている家事を具体的にヒアリングし,粘り強く交渉しました。
 
3: 入通院慰謝料・後遺障害慰謝料
 相手方保険会社は入通院慰謝料及び後遺障害慰謝料について保険会社の基準に基づき,裁判基準に比べて低く算定した金額を主張していました。
 そこで、当事務所は裁判基準による適正な慰謝料を請求しました。
 

依頼者様の感想

 無事解決に至り,満足しております。ありがとうございました。    
 
(平成27年10月30日掲載)



※プライバシー保護のため,地名については実際にお住まいの場所の近隣ですが実際とは異なる場所を記載してあることがあります。

⇒ご相談の前に必ずこちらをクリックしてください。

無料相談実施中

メールでのご相談はこちら


非該当でも弁護士費用特約使用により保険 金の増額をした事例
保険会社提示額
235万6760円
>>>
解決額
360万円

事故発生! 車対車

 平成21年某月,専業主婦の山口千恵さん(仮名・30代・女性・野田市在住)は,交差点 の十字路で右折待ちのために停止していた車両に同乗していたところ,後方から直進してきた自動車に 追突され,その勢いで前方に停車していた車両にも衝突しました。同乗していたお子様2名も怪我をされました。全員で9名が同乗していた車両での事故でした。


後遺障害と解決まで

 交通事故により,頚椎捻挫・腰椎捻挫の傷害を負いました。後遺障害等級申請をしましたが非該当 となりました。
 また,お子様2名も打撲等の傷害を負いました。交渉では3名合計の損害額が治療費を除いて235万6760円(内訳は,ご本人170万952円,お子様が54万4760円と11万2000円)と 全く納得いく水準が得られなかったため訴訟を提起し,裁判所での和解により解決をしました。
 3名分の和解金合計額は治療費を除いて360万円となりました。

 

当事務所が関わった結果

 後遺障害なしの事案ですが,360万円という比較的高額の保険金を取得することができました。
 治療費を除いた金額でも235万6760円→360万円となりました。金額で約140万円増額しました。1.52倍に増額しました。

解決のポイントは以下の点です。

1:弁護士費用特約の利用
 弁護士費用特約は契約者ご本人だけでなくご家族や同乗者も使用できることがあります。配偶者,同居の親族が加入している場合も利用可能です。別居の親が弁護士特約付の保険に加入 している場合も利用ができることがあります。
 また,被害にあった際に乗っていた車両にも弁護士費用特約が付いていることがありますので,確認が必要です。
 保険会社がわざわざ弁護士費用特約が付いていることを教えてくれるとは限りませんので,ご自身で約款等を確認しましょう。

2:後遺障害非該当でも訴訟を提起したこと
 後遺障害非該当の事案の場合,増加した損害賠償額よりも弁護士費用の額の方が多く,依頼をされた皆様にとって赤字になってしまう可能性があります。当事務所では,依頼をされた皆様が赤字とならないような費用体系となっていますが,注意が必要な点です。
 今回の件では,弁護士費用特約があったので,弁護士費用の心配をすることなく,裁判を起こすこと ができました。

3: 保険会社の過失相殺の主張に惑わされないこと
 今回の事故は,停止中に後方からの追突事故でしたが,保険会社は裁判では過失相殺の主張をしてきました。保険会社は明らかに無理と思われる事案でも過失相殺の主張をしてくることがあります。
 保険会社の過失相殺の主張に惑わされず,警察の資料を取り寄せする等して客観的な事故状況を把握 した上で,丁寧な主張をしていくことが重要です。

依頼者様の感想

 ありがとうございました。私のことはともかくとして,子供たちにもある程度納得いく解決ができてよかったです。(掲載日平成24年3月7日)

※プライバシー保護のため,地名については実際にお住まいの場所の近隣ですが実際 とは異なる場所を記載してあることがあり ます。

⇒ご相談の前に必ずこちらをクリックしてください。

無料相談

実施中

メールでのご

相談はこちら

柏事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏1-5-10
水戸屋壱番館ビル4階
受付時間:午前9:00~午後22:00

当サイトはリンクフリーです。リンクはお好きなページにご自由にお張りください。事前連絡は不要です(弁護士法人よつば総合法律事務所)。







Copyright © 2012 All Rights Reserved.