後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい

千葉弁護士による交通事故の無料相談

  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 問合せからの流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • ご相談の流れ
  • LINEで相談受付中

「むちうち」とは

oosawa-1.PNGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像 交通事故の被害にあった場合,いわゆる「むちうち」の症状となることが多々あります。ここでは,むちうちの知識について解説します。

「むちうち」とはむちうちとは,医学用語では外傷性頚部症候群と言われます。また,ムチウチ,鞭うち,鞭打ち,むち打ち,等の表記もあります。

外傷性頚部症候群(むちうち)の分類むちうちの分類には色々な分類がありますが,一番有名なのは「土屋の分類」と呼ばれている分類です。これは,むちうち5つの症状にわける分類で以下の分類があります。


頚椎捻挫型(むちうち①)

頚部,項部筋繊維の過度の伸長・部分的断裂から靱帯の過度の伸長・断裂などまでの段階に留まる場合です。むち打ちの中では比較的軽い症状です。


根症状型(むちうち②)

頚神経の神経根症状が明らかなものです。鞭打ちの中では比較的重い症状で後遺障害14級又は12級となる可能性もあります。


バレ・リュー症状型(むちうち③)

頭痛・めまい・耳鳴り・吐き気・視力低下・聴力低下などの不安症状を有するものです。ムチウチの中で症状としては重いのですが後遺障害非該当となってしまうケースが多いです。


根症状,バレ・リュー症状型(むちうち④)

上記の2つの症状が併存している場合です。


脊髄損傷型(むちうち⑤)

深部腱反射の亢進,病的反射の出現などの脊髄症状がある場合です。鞭うちの中でも重篤な症状が残ってしまうことがあります。


むちうちの治療について

3I4A3611.jpg   上記の各タイプによって,むちうちの治療方法は異なってきます。一番多い頚椎捻挫型のむちうちでは,3ヶ月以内に大方は改善すると言われています。開業医の整形外科でのリハビリ,または,接骨院でのむちうちの治療が効果があります。
ただし,むちうちの場合,骨折等と異なり明確な画像所見がないことが多いです。そのため,治療の必要性・相当性等について争いとなることが多いので,病院の主治医との良好な関係を作りよく相談した上で,むちうちの治療を行いましょう。


むちうちの後遺障害について

むちうちの場合,後遺障害等級としては,非該当・14級・12級が考えられます。むちうちの症状が6ヶ月経過しても改善しない場合には,むちうちを原因とする後遺障害の申請をすることが望ましいと考えられます。

ここでは,むちうちについて解説しました。



交通事故のお悩みはこちら

表 よつば様.png

交通事故バナー.JPG

 

無料メールマガジン




事務所概要

メールでの問合せはこちら

bnr-ofblog-kotsujiko.jpg 

▼弁護士の活動の様子等

fb.png ツイッター グーグルプラス

 

▼交通事故以外の弁護士へのご相談は下記サイトをご覧ください

企業法律専門サイト   ImgLS3.jpg ImgLS9-thumb-240x240-31.jpg



柏事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏1-5-10
水戸屋壱番館ビル4階
受付時間:午前9:00~午後22:00

当サイトはリンクフリーです。リンクはお好きなページにご自由にお張りください。事前連絡は不要です(弁護士法人よつば総合法律事務所)。







Copyright © 2012 All Rights Reserved.