後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい

千葉弁護士による交通事故の無料相談

  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 問合せからの流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • ご相談の流れ
  • LINEで相談受付中

傷跡(醜状痕)

傷跡(醜状痕)に関する後遺障害


 外貌に生じた醜状痕(傷跡)についてはその程度に応じて後遺障害として評価されます。「外貌」とは,頭部,顔面部及び頚部等(上肢及び下肢を除く)の日常露出する部分を指します。
 また,上肢及び下肢の傷跡(醜状痕)の場合,その「露出面」の傷跡(醜状痕)が後遺障害の対象となり,「上肢の露出面」は上腕か(肩関節以下)から指先まで,「下肢の露出面」は大腿(股関節以下)から足の背までとされています。
 日常露出しない部分の傷跡(醜状痕)については,胸部及び腹部,背部及び臀部の傷跡(醜状痕)が後遺障害の対象になります。
 ここでは,傷跡に関する後遺障害について説明します。

傷病名

 交通事故の際,傷跡(醜状痕)が生じうる傷病としては,以下のものが考えられます。
  • 瘢痕
  • ケロイド性瘢痕
  • 線状痕
  • 組織陥没
  • 切創,挫創
  • 顔面神経麻痺
  • デグロービング損傷 など

後遺障害等級


 外貌の傷跡については,その程度に応じて3等級,上肢及び下肢の露出面の傷跡については1等級,日常露出しない部分についてはその程度に応じて2等級が定められています。
 障害の程度と等級,逸失利益算定の際の労働能力喪失率,後遺障害慰謝料の関係は以下の表のとおりです(なお,表に記載した労働能力喪失率,後遺障害慰謝料は「赤い本」に記載された目安であり,個々のケースによっては増減することがあります。特に醜状障害の場合,労働能力喪失率が争いになることが多いです。)。


【下肢の後遺障害】 

種類 等級 障害の程度 喪失率 (%) 後遺障害 慰謝料 (万円)
外貌 7級12号 外貌に著しい醜状を残すもの 56 1000
  9級16号 外貌に相当程度の醜状を残すもの 35 690
  12級14号 外貌に醜状を残すもの 14 290
上・下肢 14級4号 上肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの 5 110
  14級5号 下肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの 5 110
その他 12級相当 胸部及び腹部,又は背部及び臀部の全面積の2分の1程度以上の範囲に瘢痕を残すもの 14 290
  14級相当 胸部及び腹部,又は背部及び臀部の全面積の4分の1程度以上の範囲に瘢痕を残すもの 5 110





「後遺障害解説」の関連ページ

上肢及び手指

下肢及び足指

せき柱及びその他の体幹骨 

神経系統の機能又は精神の障害

胸腹部臓器の障害
傷跡(醜状痕)











まずはお問い合わせ下さい!(無料相談実施中)


⇒ご相談の前に必ずこちらをクリックしてください。

無料相談実施中

メールでのご相談はこちら

注意事項.png
  「交通事故で適正な賠償を受けるには」交通事故問題解決のための無料小冊子進呈中!

柏事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏1-5-10
水戸屋壱番館ビル4階
受付時間:午前9:00~午後22:00

当サイトはリンクフリーです。リンクはお好きなページにご自由にお張りください。事前連絡は不要です(弁護士法人よつば総合法律事務所)。







Copyright © 2012 All Rights Reserved.