後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい

千葉弁護士による交通事故の無料相談

  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 問合せからの流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • ご相談の流れ
  • LINEで相談受付中

高次脳機能障害と弁護士

oosawa-1-thumb-137x114-144.png   高次脳機能障害の場合,弁護士にはいつの段階で問い合わせした方がよいでしょうか?

1 原則として事故後すぐのお問い合わせがよいです。

高次脳機能障害の場合,様々な検査を行ったり,様々な診断書・問診票等を作成して保険会社に提出する必要があります。   3I4A3903.jpg

そのような資料については,適正な事実が記載されているかどうかを事前に弁護士が確認した方がよいと言えるでしょう。


交通事故を扱っている弁護士の中でも,事故後すぐのお問い合わせを受付していない弁護士もいます。
しかし,私たちの事務所では,交通事故の人身事故の場合には,事故後すぐに弁護士にお問い合わせすることをお勧めしています。なぜなら,初動の対応を誤ってしまうと,その後の解決がうまくいかないということを経験上知っているからです。


例えば,警察から事故後すぐに人身事故の届けをしますかと聞かれて,届けませんと回答をしたばかりに後遺障害が非該当となってしまうこともあります。


いずれにしても,高次脳機能障害(脳の障害)がある場合には,早めに弁護士へ相談することをお勧めします。


2 後遺障害診断書を保険会社に提出する前には弁護士に問い合わせをしましょう。

3I4A3806HP.jpg   後遺障害診断書及び添付の資料を保険会社に提出の上,一度後遺障害等級についての認定が届いた場合,一度行われた認定を覆すことには困難を伴うことがあります。

後遺障害診断書を作成して保険会社に提出する前に,内容が正確・適正かどうかということを高次脳機能障害の特質を踏まえた上で判断することが必要です。


3 自賠責の等級認定が重要です。

高次脳機能障害の場合,「高次脳機能障害」という病名であったとしても,後遺障害等級第1級から第14級まで様々な後遺障害に該当する可能性があります。   3I4A3900.jpg

原則として自賠責保険の等級認定を基準として,その後の手続きは進んで行きますので,可能か限り,高次脳機能障害の場合には自賠責保険の認定を適正に行うことが必要です。

ここでは,高次脳機能障害と弁護士の役割について解説しました。高次脳機能障害の点について弁護士にお問い合わせの際は電話又はメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

柏事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏1-5-10
水戸屋壱番館ビル4階
受付時間:午前9:00~午後22:00

当サイトはリンクフリーです。リンクはお好きなページにご自由にお張りください。事前連絡は不要です(弁護士法人よつば総合法律事務所)。







Copyright © 2012 All Rights Reserved.