後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい

千葉弁護士による交通事故の無料相談

  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 問合せからの流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • ご相談の流れ
  • LINEで相談受付中

後遺症の等級について

後遺症の等級について

oosawa-1.PNG   後遺症の等級は自動車損害賠償保障法施工令の別表の1,別表の2として定められています。この後遺障害別等級表は,労災の等級表と原則として一致しています。

近時の後遺症の等級の改訂について

平成14年4月1日,平成16年7月1日,平成16年10月15日,平成18年4月1日に後遺障害別等級表は改訂されています。古い事故の場合には,どの後遺症にどの等級表が使用されるのかを確認することが必要です。

後遺症の等級については定期的な改訂があります。例えば外貌醜状については,違憲判決が出たことを受けて男女を平等に扱うという改訂がなされています。また,違憲判決を受けて,今までになかった新たな等級を新設するということがなされているということもあります。常に最新の等級と事故時点での等級をよく調査して,間違いがないかどうか確認することが大切です。


後遺症の等級表の種類について

後遺症の等級表においては別表1,別表2の2つの等級表が定められています。別表1は介護を要する後遺障害者,特に遷延性意識障害者に対する介護を想定してその救済を充実させる必要があるために自賠責の保険金額を引き上げたものです。別表2は労働者災害補償保険法施行規則に定められている表です。

後遺症の等級の具体例について

例えば,神経系統の障害については以下のような後遺症の等級が定められています。

別表第1(後遺症)
第1級 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,常に介護を要するもの
第2級 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,随時介護を要するもの
別表第2(後遺症)
第3級 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,終身労務に服することができないもの
第5級 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し,特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
第7級 神経系統の機能又は精神に障害を残し,軽易な労務以外の労務に服することができないもの
第9級 神経系統の機能又は精神に障害を残し,服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
第12級 局部に頑固な神経症状を残すもの
第14級 局部に神経症状を残すもの

ここでは,後遺症と等級について解説しました。各等級に当たるかどうかはさらに細かい認定のためのポイント等があります。後遺症と等級の詳細については専門家にご相談下さい。



■交通事故に関するご相談・ご質問はございますか?
1
会社の仕事で助手席に乗っていた私の夫は、運転していた人の居眠り運転で大きな衝突事故に巻き込まれて死亡しました。
悲惨な交通事故で一家の大黒柱を失って、残された私達家族は途端に暗闇に引きこまれ途方に暮れております。
この場合に、どのような種類の損害の請求ができるのでしょうかご指導ください。


2
交通事故で両足の大腿骨を複雑骨折して全治3ヶ月は車椅子の生活となりました。
私は小さなラーメン屋を経営しているのですが当分は店を休業せざる得なくなりました。
この場合に休業期間中の損失について請求できますでしょうか弁護士先生のご意見をいただければ幸いです。


3
軽い接触事故をお越して相手の車のサイドに軽いキズがつきました。
どちらに非があるかは微妙な状況ですが先方は如何にも裏社会の方のようで「示談で済まそう」といって途方も無い金額を請求されました。
物腰や喋り方は静かですが何とも怖い雰囲気で困っております。
このような場合の対処方法について専門の弁護士の意見をいただきたいのですが。


4
乗車していた都営バスが前方を走行中のトラックが事故を起こして、それを避けようと急ブレーキをかけました。
幸い都営バスは衝突事故には至りませんでしたが、次のバス停で降りようをして立ち上がった瞬間の出来事で、私は反動で転倒して後頭部を強打して3針縫う怪我を負いました。
この場合の治療費と仕事上の損害について、どうしたら良いのでしようか弁護士の見解を賜りたいと思います。


5
暴走族まがいの乱暴な運転によるオートバイの交通事故で3歳になる息子が巻き添えになり顔面に大きな傷を負いました。
将来にも傷が残るものですが形成外科では、もう少し大きく成長してからの処置を進められております。
このような場合の「将来の治療費」についてはどうしたら良いのでしょうか。
弁護士のご意見を頂きたいと思います。




柏事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏1-5-10
水戸屋壱番館ビル4階
受付時間:午前9:00~午後22:00

当サイトはリンクフリーです。リンクはお好きなページにご自由にお張りください。事前連絡は不要です(弁護士法人よつば総合法律事務所)。







Copyright © 2012 All Rights Reserved.