後遺障害・慰謝料など交通事故は実績豊富な弁護士事務所にご相談下さい

千葉弁護士による交通事故の無料相談

  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 問合せからの流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • ご相談の流れ
  • LINEで相談受付中

事故現場の確認をし,裁判で有利な解決ができました(弁護士 大澤 一郎)


■交通事故の事故状況を示した書面0019s.jpg
 警察が作成した実況見分調書・写真,調査会社が作成した図面・写真などが裁判で利用されることはよくあります。私たちの事務所でも図面を作成する専門の業者と連携しています。
 また,グーグルストリートビューでもある程度の現場の状況はわかります。しかし,事故状況が本当に争いとなると図面や書類だけの机の上だけではわからないこともよくあります。


■裁判でお互いの言い分が真っ向から食い違った事案
 事故状況について,お互いの言い分が真っ向から食い違っている事案がありました。もちろん,私はご本人の言い分が正しいと確信しているのですが,他方,法律のプロである弁護士として「裁判官がこの資料を見たらどちらの言い分が正しいか迷うだろうな」とも感じました。手元にある資料を確認しても,どちらの言い分が正しいという決定的な証拠がないのです。そこで,自ら現地調査にいって現地を確認した上で,写真をとってくることにしました。


■現場の図面が微妙に違っていた!
 記録上は,片道2車線でまっすぐな国道での事故でした。警察の図面もそのようになっていました。
 しかし,実際に現場にいってみると片道2車線ではあるのですが,事故現場付近だけ微妙に右カーブになっていることがわかりました。他の部分は直線ですが,事故現場付近だけ右カーブなのです。しかも,右カーブになっている事故だとすると,物理的に相手の主張する事故状況になる確率は極めて低いのです。
 私は,現場が微妙に右カーブになっていることを写真撮影,証拠化し,裁判所に提出しました。写真があったおかげで裁判官も私と全く同じ印象を持ったらしく,「相手の言う事故状況にはならない」と言いだしました。そのため,結果的に裁判の判決では当方の主張が100%認められました。


■迷ったら現場を見る!
 警察作成の実況見分調書は正確であることが多いです。しかし,微妙なずれがあったり,一部不正確な部分があったり,加害者側だけの主張を元に記載がしてあることもあります。
 また,物件事故報告書の場合にはかなり事実と異なる記載がなされていることも多いです。ご本人からの指摘があれば当然事故現場の状況と図面が違うことは主張しますが,本件事故ではご本人も事故現場付近が右カーブになっていることを認識していない事故でした。「迷ったら現場を見る」ことの重要性を再確認しました。




よつばの交通事故への「想い」と「こだわり」  ~「被害者救済への取り組み(解決実務に関して)」編

■042  事故態様の認定では証拠収集が重要(弁護士 小林義和)
■037  事故現場の確認をし,裁判で有利な解決ができました(弁護士 大澤一郎)
■036  医師への面談により早期かつ妥当な解決を実現(弁護士 大澤一郎)
■032  千葉で交通事故被害者の救済活動をするということ(弁護士 今村公治)
■031  被害者の声を代弁するということ(弁護士 今村公治)
■025  事故現場を実際に確認することの重要性(弁護士 粟津正博)
■019  実は奥が深い,社会保険と交通事故との関わりについて(弁護士 三井伸容)
■016  被害者参加手続と交通事故について(弁護士 三井伸容)
■014  被害者は当事者ではない?(弁護士 佐藤寿康)
■006  交通事故と生命保険(弁護士 前田徹)
■004  被害者参加人の代理人として,刑事裁判に参加(弁護士 川﨑翔)
■002  交通事故賠償の主導権を被害者に取り戻す(弁護士 川﨑翔)



よつばの交通事故への「思い」と「こだわり」topへ



⇒ご相談の前に必ずこちらをクリックしてください。

無料相談実施中

メールでのご相談はこちら

注意事項.png
  「交通事故で適正な賠償を受けるには」交通事故問題解決のための無料小冊子進呈中!

柏事務所
〒277-0005
千葉県柏市柏1-5-10
水戸屋壱番館ビル4階
受付時間:午前9:00~午後22:00

当サイトはリンクフリーです。リンクはお好きなページにご自由にお張りください。事前連絡は不要です(弁護士法人よつば総合法律事務所)。







Copyright © 2012 All Rights Reserved.